2021年 5月 13日 (木)

コロナ禍の正月で「おせち問題」 家にいるから「食べない」か「豪華にする」か

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   新型コロナウイルスの影響で、年末年始の帰省や旅行を控える人が多そうだ。いきおい、自宅でゆっくり過ごすことになるだろう。

   例年とは違う正月が予想される中、おせち料理にも変化が出ているようだ。需要が高まる一方、ツイッターにはおせちを「食べる人」と「食べない人」に分かれている。

  • 新型コロナでおせち料理の需要増(画像はイメージ)
    新型コロナでおせち料理の需要増(画像はイメージ)
  • 新型コロナでおせち料理の需要増(画像はイメージ)

百貨店では予約が前年比3割増

   大丸松坂屋百貨店の発表資料によると、2020年は前年と比較しておせち料理の予約注文が3割増と、非常に好調だという。家で食べるほか、帰省できずに会えない家族に贈る需要も増加している。

   京王百貨店では、今年はおせちの需要が高まると想定してインターネット予約を前年より11日前倒し。20年9月1日から注文受付を開始した。11月末までの予約分は、前年比3割増だという。

   ツイッターでは、

「昨日、おせちを注文した。帰省しないし出かけないから、奮発した」
「年末年始帰省で買うはずだった新幹線の切符は豪華おせちになりました」

と、帰省しない分の予算で例年よりも高価でランクアップしたおせちを選ぶ人が多い様子だ。

   半面、

「コロナで実家に帰省しないことが早々に決定・・・おせちとか作れないし、買っても食べない」
「一人暮らしだとおせちも食べないし、お正月感少なめかなぁ」

と、自宅で過ごすからこそおせち料理は「食べない」人も多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!