2021年 5月 11日 (火)

90年代のアーケード筐体が手のひらサイズに 全36タイトル収録「アストロシティミニ」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   セガサミーグループの玩具メーカー、セガトイズ(東京都台東区)は、小型ゲーム機「アストロシティミニ」を、2020年12月17日に発売する。セガグループ設立60周年プロジェクトの1つだといい、1993年に登場したアーケードゲーム筐体「アストロシティ」を1/6スケールの手のひらサイズで再現。

「バーチャファイター」などプレイ可能

   イルミネーションが点灯するギミックを備えるほか、操作ボタンは小さいながら実機と同じ素材を使用。またジョイスティックも基本設計を忠実に再現した。

   収録ゲームは全36タイトル。当時のアーケードゲームを令和のデジタル技術を駆使し高い次元で再現し、収録タイトルの1つ、格闘ゲーム「バーチャファイター」は画質や音質に加え、描画速度など約0.033秒の動作表現までこだわったとのことだ。

   そのほか「ぷよぷよ」「フリッキー」「スペースハリアー」「SHINOBI(忍)」「ファンタジーゾーン」「ゴールデンアックス」など多彩なジャンルのゲームが本機1台でプレイ可能。付属のHDMIケーブルでテレビなどと接続すれば大画面でも楽しめる。電源用USBケーブルを同梱する。

   価格は1万2800円(以下全て税別)。

   同時発売の周辺機器として「コントロールパッド」(価格は2780円)、「アーケードスティック」(1万2800円)を用意し、本機に接続すれば2人同時プレイが可能になる。


(2020年12月14日12時45分追記)一部で発生しておりました、画像誤表示の不具合を解消いたしました。改めまして、ご迷惑をおかけした皆様に深くお詫び申し上げます。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!