2021年 5月 11日 (火)

アンジャッシュ児嶋一哉コンビ愛チラリ 渡部建に「反省して」でも「救いたい」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉さんが2020年12月14日、「TikTok #クリぼっち 発表会」に登壇した。

   気になるのはやはり、不倫問題で批判を浴びた相方・渡部建さんへの思いだ。2020年について「だいたい知ってるでしょ。大変な一年だったよ」と口火を切ると、渡部さんへのイジリともボヤキともとれるコメントが続出――。

  • 渡部さんについてコメントしたアンジャッシュ・児嶋一哉さん
    渡部さんについてコメントしたアンジャッシュ・児嶋一哉さん
  • 渡部さんについてコメントしたアンジャッシュ・児嶋一哉さん

まさかの渡部の第2波・第3波

   ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」の企画のPRで、サンタクロースのいでたちで登場した児嶋さん。企画や動画に関する話題に加えて、次第に渡部さんの話題へ。

「(新型コロナウイルスの感染拡大が)第2波、第3波と言われているところに、まさかの渡部の第2波・第3波があった。コロナと渡部で大変でした」

こう2020年を総括した。

   報道陣との質疑応答で、児嶋さんにとっての「今年の漢字」を聞かれると、「パッと浮かんだのが『半』。(ドラマ)半沢(直樹)に出たって意味でも半だし、とりあえず今はアンジャッシュが半分になっちゃったっていう半でもある」とした。

   今後の渡部さんとの仕事の予定は、何も決まっていないという。その上で渡部さんの会見をどんな気持ちで見たか聞かれると、「(会見の時間が)長いなあと思いました」と話し、「複雑な気持ちで見てました」とも。

   渡部さんに「言葉」をプレゼントするとしたら――。

「クリスマスプレゼントなんてあげてる場合じゃないんですよ、あいつに。皆さんにご迷惑をおかけしたので、反省してくださいと」

こう語った児嶋さん。謝罪会見後から今まで渡部さんと会話はしていないと明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!