2021年 5月 16日 (日)

「美」はエライのか 小島慶子さんは見た目に囚われる社会に「喝」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   with 1月号の「令和女子のための新教養」で、小島慶子さんが「美」について論じている。題して「"美"はそんなにえらいのか」(後編)。美術というより美人の美である。

   なお前編では、「誰もが自分を美しいと思えることを目指す世の中よりも、美は価値の一つに過ぎないと言える世の中の方が自由だ」というようなことを書いている。

「読みながら『小島さんはアナウンサーをしていたのだから、容姿で得をしているじゃないか』と思った人もいるでしょう。確かに、容姿が問われる仕事につけたのは、私がある程度顔立ちが整っていると判断されたからでしょう」

   ここまで読んでドキドキしたのは、無意味な謙遜や建前は抜きで書き進めますよ、ついてらっしゃい、という本気が伝わるからだ。そして「ではそれと『人が外見で決めつけられ、格付けされる世の中は間違っている』と考えることは矛盾するでしょうか?」と続く。

   自宅があるオーストラリアでは、小島さんも「アジア系」と括られる少数派になる。

   「黄色味がかった肌の色や頬骨の張った顔立ちを醜いと感じ、バカにする人もいます」...そんな時、小島さんは傷つきながらも、胸の中でこう反論する。

〈あなたの美の基準に照らせば、私の大きな顔やくすんだ肌は醜いのだろうね。で、美しくないことが何なの? たかが美でしょう。そんなことで私を貶められると思うなよ〉

   人を見た目で愚弄してもいいと思っている、その心根が我慢ならないという。

「私はその人物の卑劣さを憎み、同時に世界中にある人種差別を憎みます。その人物の人種(たとえば白人=冨永注)を憎むのでも、造形的な美を憎むのでもありません」
  • 何を美しいと感じるかは…
    何を美しいと感じるかは…
  • 何を美しいと感じるかは…

容姿は不当な利益?

   アナウンサーの試験ではもちろん「声」も評価の対象となる。しかし、小島さんは「たまたま声がいいからアナウンサーになれたんでしょう」と言われたことはない。

   顔や体形など、外見の美で得たものはなぜ「不当な利益」のように言われるのか。それは社会の大多数が視覚情報に左右されているからだと見る小島さん。「では、目の見えない人はどうなのか」と転じ、生まれながら盲目のAさんの例が紹介される。

   「月がきれいとはどういうことか教えて」とせがむAさんに、母親は水を張った円筒の容器を用意した。容器に腕を入れ、丸い底を確認したAさんは「ああ、月は涼しくて、遠くにあって、丸い。きれいだ」と思う。

   ちなみにAさん、女性の美しさは髪の手触りや声で感じ取るそうだ。

「二つのことがわかります。私たちは、どうしても何かを美しいと感じずにはいられません...そして美とは極めて主観的で、複雑多様な要素から成り立っていると...美は本来、人と世界、人と人を隔てるのではなく、親密にするもの。問題は、美をどう扱うかです」

   そして読者へのこんな問いかけで結ぶ。

「あなたは、美と自分の関係をどうしたいですか。隷属するのか支配するのか、それともただ、感じるのか。暴力に用いるのか喜びにするのか。美は私たち自身とも、目の前の誰かとも無縁ではありません。お月見しながら、考えてみましょう」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!