2021年 5月 13日 (木)

初演は「勧進帳」だった?!ベートーヴェンの「ピアノ協奏曲 第3番」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ベートーヴェンの誕生日は正確にはわかっておらず、教会の受洗名簿を元にした推定から、1770年12月16日とされています。今年2020年は生誕250周年、世界でこれほどベートーヴェンが愛聴されているということと、全世界がコロナ禍で苦難の年となったこと、両方とも本人が聞けば驚くかもしれません。自らも難聴と戦い、「苦難を克服して歓喜へ」というモチーフを音楽に昇華させたベートーヴェンですから、彼の音楽こそ、今年に相応しいといえるかもしれません。

   現実的には、今年は「歓喜の歌」が歌われる「第九」の演奏会は、オーケストラと大人数の独唱・合唱という密を避けるために中止のところも多く、どちらかというと「換気のうた」を歌いながら窓を開ける年末・・になりました。

  • 今年生誕250周年だった、ベートーヴェンのエネルギッシュな肖像
    今年生誕250周年だった、ベートーヴェンのエネルギッシュな肖像
  • 今年生誕250周年だった、ベートーヴェンのエネルギッシュな肖像

「3番」で大きく飛躍

   今日取り上げる曲は、彼の「ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 Op.37」です。交響曲においても「第3番 『英雄』」は、それまでのウィーン古典派の響きを残す第1番、第2番から大きく変容し、ベートーヴェン独自の工夫が数多く見られる曲となっていて、彼自身も、交響曲の中でもっとも自信作である、と言い切っていますが、ピアノ協奏曲においても、第3番は、それまでの作品と比べ、大きく飛躍した内容となっています。彼は、ピアノ協奏曲を全部で5曲作曲しましたが、第3番はその中で唯一の短調作品となっています。そのハ短調という調は、交響曲「第5番 『運命』」や、ピアノソナタでは第1番を初め、しばしば重要な作品で選択される力強い調で、ベートーヴェンのお気に入りの調性の一つといっても良いでしょう。

   革命的自信作を仕上げるには、さすがにベートーヴェンでも、時間がかかりました。もともとベートーヴェンは作曲家である以前に、即興ピアニスト・オルガニストでしたから、ピアノパートの作曲においては、自信があったと思われますが、「ピアノ協奏曲 第1番」を仕上げた1796年あたりから構想された第3番は、当初、自身初の交響曲となる、交響曲第1番と同じ時期の初演を目指していたにもかかわらず、その時までには第1楽章しか完成せず、結局さらにそれから3年後、交響曲第2番と同じ、1803年にやっと全3楽章が完成し、全曲通しての初演にこぎつけました(ちなみにロマン派時代の初期までは、1曲を楽章ごとに分割して演奏したり、その間に別の曲が入る、というのも当たり前の習慣でした)。

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミエ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!