2021年 1月 21日 (木)

「呪術廻戦」はポスト「鬼滅の刃」か プロが分析「ヒットの秘密」(前編)

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   漫画家・芥見下々さん作の「呪術廻戦」。「呪い」をテーマとしたバトル漫画で、書店では単行本の売り切れが続出。テレビでも取り上げられ、話題だ。

   J-CASTトレンドは、漫画のクチコミサービス「マンバ」(東京都千代田区)に、「呪術廻戦」の人気の秘密を聞いた。2回にわたってお届けする。

  • 「呪術廻戦」人気のひみつ(画像は「呪術廻戦」公式サイトより)
    「呪術廻戦」人気のひみつ(画像は「呪術廻戦」公式サイトより)
  • 「呪術廻戦」人気のひみつ(画像は「呪術廻戦」公式サイトより)

著者の感性で描き生まれた「王道で新しい」読み味

   「マンバ」はあらゆるマンガ情報を網羅することを目指し、クチコミとランキングで日々情報提供するウェブサービスだ。呪術廻戦は、2020年12月7日時点でマンバに登録されている全てのマンガ作品の中で、週間・月間ページビュー(pv)数ともに10位以内という人気作品となっている。

――マンバの「呪術廻戦」のページや投稿されたクチコミは、いつ頃から読まれるようになりましたか。

マンバ 実はこれまで3回、同作品の注目が高まったタイミングがありました。
   まず、単行本第1巻が発売された2018年7月。「週刊少年ジャンプ」誌上で第19話が掲載された7月第4週は、人気キャラクター「七海建人」の初登場回でもあり、目に見えてpv数が増加しました。
   2回目が19年11月~12月で、ジャンプの連載で「渋谷事変」が始まった時期です。アニメ化が決定、初の単独複製原画展の開催と、大きなイベントが重なった時期でもありました。そして3回目が20年10月のアニメ放送開始後から、現在にかけてです。11月最終週には、「呪術廻戦」がマンバに登録されて以来、過去最大のpv数を記録しました。

――人気のポイントはどこにあるのでしょう。

マンバ 呪術廻戦には、呪術を用いた巧みなバトルや、登場人物の発言など、1990年代以降に大ヒットしたあらゆるジャンプ作品の影響を垣間見ることができます。20代の著者の感性で描くことで生まれる「王道で新しい」読み味。それが著者と同年代で、同じ作品を読んで育った層に特に刺さっているのではないでしょうか。また、2018年の東京が舞台で、現実とリンクしています。物語の佳境ではハロウィーンの渋谷駅周辺を舞台にバトルが繰り広げられました。現在もそのバトルは続いており、多くのファンが毎週進展を見守っています。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!