2021年 11月 30日 (火)

「鬼滅の刃」人気が2020年で「全集中」 原作は完結も映画が空前の大ヒットに

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   【ニュースで振り返る2020年】

   2016年から2020年まで週刊少年ジャンプ(集英社)で連載された漫画「鬼滅の刃」。19年に放送されたアニメ(TOKYO MXほか)が人気を呼び、連載終了の20年にはさらなるブームを迎えた。

   10月には映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が上映され、12月中に興行収入が300億円を超えた。空前の大ヒットだ。社会現象となった「鬼滅の刃」だが、J-CASTトレンドでも「鬼滅」をめぐるニュースを伝えた。

  • 画像は「鬼滅の刃」公式ポータルサイトから
    画像は「鬼滅の刃」公式ポータルサイトから
  • 画像は「鬼滅の刃」公式ポータルサイトから

新刊は転売のターゲットに

■「鬼滅の刃」最終回で「HUNTER×HUNTER」に思いはせる 4年間の歩み対照的

   「鬼滅の刃」は5月18日発売の「ジャンプ」24号で最終回を迎え、発売同日のツイッターのトレンドランキングには「鬼滅ロス」というワードがランクインするなど、ファンの間で話題となった。一方で、同じジャンプ作品ながら休載を繰り返しているあのコミックに思いをはせる人も...。

■「鬼滅の刃」21巻「高額転売」手を出さないで 首都圏書店「購入制限」数も十分

   マスクにゲーム機・プレイステーション5と、20年はフリマサイトでの高額転売がネットユーザーから問題視されることがたびたびあった。「鬼滅の刃」の新刊もその対象で、21巻の発売後にはすぐに転売が確認されている。さらには1人当たりが購入できる個数を制限し、レジでのみの販売を行う書店も。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!