2021年 5月 14日 (金)

コロナ禍の年末帰省で感染対策あれこれ PCR検査は?安価なサービスもあるが

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2020年も大詰め。例年であれば帰省ラッシュが話題に上るが、今年は実家に戻らないと決めている人が多いようだ。

   日本マーケティングリサーチ機構が12月24日に公表した、全国10代以上の男女470人を対象とした「年末の帰省」調査によると、帰省を検討している人は29%、検討していない人は71%だ。では帰省する人たちは感染防止にあたって「事前のPCR検査受診」など、対策を講じているのか。

  • コロナ禍での帰省…感染対策どうしてる?
    コロナ禍での帰省…感染対策どうしてる?
  • コロナ禍での帰省…感染対策どうしてる?

「帰ってきて」家族からの求めで決断

   東京在住の30代女性は、12月29日から1月4日まで、約1年ぶりに長野へ帰る予定がある。家族は帰省に「どちらかというと賛成」で、電車のチケットは1か月前に購入した。地元は感染者が少なく、ここ最近東京での感染者増もあり、「帰るかどうかはぎりぎりまで悩んだ」と、J-CASTトレンドの取材に苦しい胸の内を明かす。

「1人暮らしかつテレワークであること、マスク着用、手洗いなどできる対策を日ごろから徹底していること、電車で(乗り換えなく)1本で帰れることもあり、帰省を決断しました。帰省中はどこかに出かける予定はなく、家で過ごす予定です」

   帰省前にPCR検査を受診しようと思ったか尋ねると、女性は「思わなかった」と答えた。「コロナと思われる症状はなく、接触が少ない生活を送っているなかで、むしろ検査を受ける過程で感染のリスクがあること、保健所がひっ迫していること」を理由に挙げている。

   東京在住の20代女性は、家族から「帰省してほしい」と連絡を受けたため、年明けに東京から埼玉へ、夫と共に帰省する。1年ぶりだが、「帰省してほしいと言われなければ遠慮しました」。感染対策は「これといってしていませんが、電車で帰省するので早い時間に空いてる電車で行く予定」と話す。PCR検査は受けたいと思うが、費用がいくらで、どこで受けられるのか「情報を持っていないため難しかった」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!