2021年 3月 7日 (日)

マンガソムリエ激推し!2021年にブームが来るマンガはこれだ 

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

20年経っても色あせない、漫画史に残る名作「7SEEDS」

――他にはどんな作品がありますか。

兎来 東日本大震災後の福島に生きる高校生たちにスポットを当てたオムニバス作品「はじまりのはる」(作者:端野洋子)です。「原発事故による放射能汚染」という目に見えない恐ろしいものに対し、子どもから大人まで全員がマスクをして備えているシーンは、昨今の光景と重なるものがあります。現地に住む人々への心ないネットの痛罵なども、新型コロナウイルス感染者への差別的な言動を思わせます。「人間は繰り返す生き物だ」と暗に知らしめられます。

――結末は俗にいう「バッドエンド」なのでしょうか。

兎来 いえ、読後は「誰にでもできることはある。自分も頑張ろう」と勇気づけられる作品です。例えば、放射能汚染でキノコの風評被害を受け、致命的な被害をこうむったシイタケ農家の高校生の話。故郷再生のために「自分に何ができるのか」と考え、キノコの研究をすべく東京大学理科二類を目指す姿が印象的ですね。

――3つ目のおすすめ作品はなんでしょうか。

兎来 近未来SFサバイバルストーリー「7SEEDS」(作者:田村由美)です。約20年前に生まれた作品ですが、まったく色あせません。「少女漫画」なので恋愛要素はあるものの、それがメインというわけではなく、35巻通して濃厚な人間群像劇が描かれています。テーマや設定だけでも魅力的な漫画史に残る名作なので、男性にもぜひ読んでほしいです。

――あらすじを教えてください。

兎来 舞台は「巨大隕石が地球に衝突した後の未来」です。人類の種を残すべく、政府は才能ある若い男女を選抜し、春、夏のA、夏のB、秋、冬という5つのチームを作って冷凍保存する「7SEEDS」計画を講じました。やがて未来で目覚めた若者たちが、過酷な環境下で必死に生き延びようとする、という話です。ほとんどのキャラクターが訳も分からないまま極限状態に置かれるのですが、夏のAチームだけは最初から「地球の滅び」を知らされているエリート集団。立場の違いからさまざまな衝突が起きるのですが、「希望」のある結末です。

○プロフィール
兎来栄寿(とらい・えいす)
10歳の頃から神保町やまんだらけに通い詰め、ジャンプ作品からトキワ荘・大泉サロン作家まで読み漁っていた生粋の漫画愛好家。少年青年少女漫画からBL・百合まであらゆるジャンルを愛する。漫画を読むのは呼吸と同じ。自分を育ててくれた漫画文化に少しでも恩返しすべく、日々様々な作品の「布教活動」を行うマンガソムリエ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!