2021年 10月 22日 (金)

セ・リーグとパ・リーグの「差」はどうなる?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   【識者が大予想!2021年】

   2020年のプロ野球・日本シリーズでは福岡ソフトバンクホークスが読売ジャイアンツを下し、4年連続で制覇した。セ・リーグの巨人が制した12年以降、東北楽天ゴールデンイーグルス(13年)と北海道日本ハムファイターズ(16年)とソフトバンク(14・15年、17?20年)と、パ・リーグばかりが日本シリーズで優勝している。

   セ・パが共に争う交流戦でも、09年以外は全てパ・リーグのほうが勝ち数が多い状況が続いている。このセ・パの「差」は2021年ではどうなるか、高校野球やプロ野球を追ってきたスポーツライターの佐々木亨さんに予想を語ってもらった。(聞き手はJ-CASTトレンド編集部・田村今人)

  • インタビューに応じてくれたスポーツライター・佐々木亨さん
    インタビューに応じてくれたスポーツライター・佐々木亨さん
  • インタビューに応じてくれたスポーツライター・佐々木亨さん

パ・リーグは「力と力の勝負」

―――セ・リーグとパ・リーグには力の差があるとされていますが、この要因とはなんでしょうか。

佐々木 あくまで結果ですので、本当に力の差が実際に12球団それぞれあるのかっていうのは、なんともいえないっていうのは正直あります。ただ、日本シリーズでソフトバンクが投打で圧倒したのは事実です。
   どちらかといえばパ・リーグは力と力の勝負。ソフトバンクの柳田選手(柳田悠岐外野手)だったり、山川選手(埼玉西武ライオンズ・山川穂高内野手)とか、初球から豪快に空振りを恐れずにフルスイングするような選手がたくさんいる。それに対抗するためにピッチャーが育っていく土壌があります。
   やっぱりセ・リーグは細かい野球というか、戦術・戦略で詰めていって、バッターもそこに順応することで、守備もいいバランスのとれた選手が多いという印象があります。そういう野球の違いっていうのは昔からありますね。

―――ソフトバンク以外では、セ・リーグがパ・リーグに劣っているわけではないのでしょうか。

佐々木 どうでしょう。どちらかといえば一芸に長けているというか、個性的な選手が多いのがパリーグだなと。全体的にそういう野球を6球団ともしているイメージはあります。もちろんセリーグもそれぞれ個性ある選手はいますけど。対戦してみないとなんともいえないので、強さや弱さはなんともいえないです。

―――今年のシーズンを振り返ると、セ・リーグとパ・リーグの印象はそれぞれどうですか。

佐々木 セ・リーグでは巨人だと、ピッチャーの菅野投手(菅野智之投手)に坂本選手(坂本勇人内野手)、岡本選手(岡本和真内野手)と野手もそろってますし、投打の総合力で優勝という形になったのかなと思います。
   パ・リーグはここ近年の結果が示すようにソフトバンクが強いですね。出てくる選手がどんどん活躍している。3軍の機能もちゃんと生かし、育成っていう部分でもすごくいい形でやってるんじゃないでしょうか。若い力がやっぱり出てきますね。そういう力の強さもすごく際立ったんじゃないでしょうか。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!