2021年 2月 28日 (日)

国産の旬食材100%使用「旬をすぐに」 栄養バッチリ、豊富なメニューを宅配で

   コロナ禍で「家食」の機会が増えた。手間暇かけず、かつ安くておいしい食事を用意したいなら、ファンデリー(東京都北区)が2020年7月19日に始めたサービス「旬をすぐに」がおすすめだ。「国産の旬食材100%使用」の冷凍食品を、宅配で届けてくれる。

   「旬をすぐに」は、仕入れた食材の内容や量に応じて「すぐに」メニューを開発するのが特長だ。中には利用者から要望をもらった後、わずか2週間で販売までこぎ着けたメニューもある。同社社員で、毎晩「YouTubeライブ」で新商品の発表会動画を配信し、「旬をすぐに」を知り尽くしている「旬チューバー」を、J-CASTトレンドが取材した。

  • 「旬をすぐに」旬チューバー
    「旬をすぐに」旬チューバー
  • 「旬をすぐに」旬チューバー

「おいしさ」に一切の妥協なし

   「旬をすぐに」のメニューラインアップには、カレー、フライドチキン、ハンバーグをはじめとした洋食や、煮物や生姜焼きといった和食のほか、ビビンバ、ポトフ、エスカベッシュ、ムサカなど世界の料理もあり、全て税込398円(以下同)。公式サイトを見ると、毎日のように新メニューが追加されているのがわかる。

   旬チューバーによると「銀座で修業経験のある料理人と、元ブルガリア大使館料理長の2人が、仕入れた食材を見て即興でメニューを考えてくれています。食材さえあれば、何でも自由に掛け合わせて生み出せるのが強みです」という。

「例えばスイートポテトは、私が配信している『YouTubeライブ』に視聴者がコメントでリクエストを寄せてくれたのがきっかけで、2週間ほどで商品化しました。それまで、スイーツとして楽しめる商品はラインアップにありませんでしたが、『食べたいと思っている人がいるなら』と」
trend_20210114181327.jpg
2週間ほどで商品化した「紅東コロコロなスイートポテト バターたっぷりオリジナル」

このように、仕入れから商品化までのスピード感が「旬をすぐに」の魅力だ。そして、「おいしさ」に一切の妥協はない。

「開発メンバーが試食して『本当においしい』と感じたものしか商品化しません。そのため、メニュー候補を10個作って全部ボツ、ということや、試食と作り直しの往復を数え切れないほど繰り返して、ようやく形にした例もあります。管理栄養士が開発メンバーにいるので、味や量だけでなく栄養バランス面も厳しくチェックしており、塩分も1食2グラム程度に抑えています」

   記者も数種類試食したが、どれも「冷凍食品」のイメージを覆すおいしさだった。旬チューバー曰く「食材それぞれに適した温度で個別調理し、盛り付け後すぐに-70℃で瞬間凍結させ、作り立てのおいしさを閉じ込めている」そう。レンジでチンするだけで主食やおかずが一瞬でできあがるので、仕事で忙しい単身世帯や共働き夫婦などには特に嬉しい。

trend_20210114181511.jpg
記者が試食した「玉葱炒めトマトにワインに蜂蜜 レインボーポークリブカレー」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック