2021年 3月 5日 (金)

電子メモパッド「Boogie Board」 手帳と持ち歩きやすいA6サイズモデル

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   デジタル文具などを手がけるキングジム(東京都千代田区)は、電子メモパッド「Boogie Board(ブギーボード) BB-14」を2021年1月20日に発売する。紙に書くようななめらかな書き心地の同シリーズから、手帳と一緒に持ち歩きやすいというコンパクトなA6サイズモデルが登場。

  • 繰り返し書いて消せる「Boogie Board」軽量コンパクトモデル
    繰り返し書いて消せる「Boogie Board」軽量コンパクトモデル
  • 繰り返し書いて消せる「Boogie Board」軽量コンパクトモデル

金属製の壁やデスク、冷蔵庫に貼り付けられる

   液晶画面に直接書き込みができるほか、ボタン1つで消去が可能。画面は約6型サイズ、重さ約75グラムと小型軽量。コイン型リチウム電池(CR2016)1個で約3万回書き換えられ、電池交換も可能だ。

   裏面にマグネットを内蔵し、金属製の壁やデスク、冷蔵庫などに貼り付けて使用できる。また定規のデザインをレーザーで刻印し、14センチ以下の物の計測や、直線を引くこともできる。

   また、書いた内容を保存したいというユーザーのニーズに応え、「ブギーボード」シリーズ専用アプリ「Boogie Board SCAN」を無料で配信するという。本機に書いた内容をスキャンして画像データとして保存できるほか、編集画面で着色やテキストの追加などが可能。フォルダー管理や共有などにも対応する。

   スタイラスペンが付属する。カラーはキイロ、ミドリ、ネイビー、クロ、シロの5色。

   価格は3200円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!