2021年 6月 18日 (金)

ベーシックインカムは救世主となるか 「毎年120万円を配れば日本が幸せになる」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   扶桑社は、「毎年120万円を配れば日本が幸せになる」を2021年1月21日に発売した。

  • コロナ禍で疲弊した日本経済を元気に
    コロナ禍で疲弊した日本経済を元気に
  • コロナ禍で疲弊した日本経済を元気に

全国民に月10万円

   失業、倒産、GDPの激減と、コロナ禍が日本経済を苦しめている。この現状の救世主となるのは「ベーシックインカム」の導入だと、著者である井上智洋氏と小野盛司氏は主張する。赤ん坊から高齢者まで、全国民に無条件の現金給付を行うという政策だ。

   特別定額給付金との違いは、1度ではなく継続的である点。小野氏がシミュレーションしたところ、「1人あたり年120万円までの給付が出来る」という結果が得られた。

   生活苦を感じている人も余裕のある人も、その中間の人も、誰も損をせず全員が豊かになる。日本経済も元気になり人手不足も改善される。そんな未来が待っているかもしれないという。しかし、財源の心配や働きたい人が少なくなるのでは、という疑問もつきまとう。そんな問いや日本経済の課題について、2人の有識者がグラフなどを用いてわかりやすく教えてくれる1冊。

   価格は1300円(税抜)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!