2021年 4月 22日 (木)

田中将大「楽天復帰」200勝も目前 過去20年は4投手だけ、大記録の「条件」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

「令和の怪物」も候補に

   田中投手以外で今後200勝を達成できそうな投手を、小林氏は数人挙げた。

   まずは読売ジャイアンツの菅野智之投手(101勝)。20年10月で31歳になった。「メジャーに行かずに、去年並みの活躍をあと3、4年できると見えてくるかなという感じです」。20年は14勝で最多勝に輝いた。

   20年12月で30歳を迎えた楽天の則本昂大投手(85勝)も候補だ。「力投をする投手ですが、巧さも備えられると思うので、タイプ的には期待したい」とした。

   阪神タイガースの西勇輝投手(95勝)も30歳。「ガッツもあるし、可能性はある。西投手が投げたときの、リリーフ陣やチームのサポートに懸かっていると思います。阪神はリリーフの充実意識も高いチームなので、そういう面で支えられれば」。

   若手の中では、高卒3年目を迎える巨人・戸郷翔征投手。「高卒で早い段階からちゃんと(勝ち数を)稼いでいる」としつつ、200勝達成には故障をしないことも条件だと強調した。

   最後は19年のドラフト1位で千葉ロッテマリーンズに入団した高卒・佐々木朗希投手。まだまだ投手としては未完成だとしつつ、「順調に成長すれば可能性はもちろんある」とコメントした。

   小林氏によれば、佐々木投手は「簡単にすごいボールを投げられる」ピッチャー。将来的にローテーションを守ることができるようになれば「かなり勝てる」と予想した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!