2023年 2月 1日 (水)

コロナ禍のバレンタインデーは変わるかも 恋人へのチョコより優先するもの

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2月14日はバレンタインデー。だが、今年は新型コロナウイルスの影響もあり、なかなか外出できそうにない。それでも、チョコを期待する男性は多いのではないだろうか。

   結婚相手紹介サービスを運営するZWEI(東京都中央区)が実施したバレンタインに関するアンケート調査では、コロナ禍でのバレンタインの過ごし方や、男女での意識の違いが明らかになっている。

  • コロナ禍でのバレンタイン(画像はイメージ)
    コロナ禍でのバレンタイン(画像はイメージ)
  • コロナ禍でのバレンタイン(画像はイメージ)

「デートに誘わない」「相手にチョコ買わない」

   調査対象は、結婚相談所「ZWEI」の会員で男女166人。

   まず、男性に向けた「コロナ禍でもバレンタインにお誘いがあればお出掛けしますか」という質問。これには、81%が「デートに誘われたら外出する」と答えた。20代と60代にいたっては、100%「外出する」と回答している。

   一方で、女性はそもそもデートに誘う予定があるのか。「コロナ禍でもお相手へバレンタインデートのお誘いをしますか」には、78.5%が「誘わない」だ。男性とは対照的な結果となった。

   女性回答者の45.6%が、今年は本命・義理チョコを購入しないという。それにもかかわらず、「自分で楽しむためにバレンタインチョコレートを購入することはありますか」という質問には74.7%が「はい」と答えている。年代別に見ると、20代女性は89%が「購入する」としている。

   さらに、女性に「お相手のために用意するチョコレートの予算より、自分が楽しむためのチョコレートの予算の方が高いことはありますか」と聞いたところ、約6割が「はい」(59.3%)と回答した。

   調査は2020年12月12日~16日にインターネット上で実施された。

一応感謝を伝えるために...

   J-CASTトレンドは、夫または恋人がいる女性4人に実際に今年のバレンタインデーの予定を聞いた。うち3人がチョコレートを贈る予定があると答えたが、4人全員が「自分用」にも購入すると話した。

   20代の女性は、恋人に渡す用、自分用のチョコレートをすでにオンラインショップで購入した。価格は同程度で、「彼にも喜んでもらいたいけど、自分で食べるのも楽しみ」と答えた。

   「チョコを渡すかわりに、相手が料理上手なので食事は向こうに作ってもらう」と答えた20代女性も。昨年はレストランで食事をしたが、今年は家で過ごす予定だ。少し高級なチョコレートを買って一緒に食べたい、と話した。

   30代の女性は夫と子どもにチョコレートを購入するそうだ。「夫は甘いものがそんなに得意ではなく、高級チョコをあげてもおいしさが分からないので、毎年同じ安めのチョコをあげています」。一応感謝を伝えるために渡している、とのこと。

   また別の20代女性は、恋人が甘いものが苦手なため「渡さない」。バレンタインデー当日も今のところ会う予定はないそうで、「自分が食べたいチョコをいろいろ買って食べます」と意気込んだ。

   今年は自分優先でバレンタインを楽しむ女性が多そうだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!