2021年 3月 8日 (月)

SIMフリースマホ「Xperia PRO」 ソニーがプロの要望に応えた

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ソニーは、プロフェッショナル向けSIMフリースマートフォン「Xperia PRO(エクスペリア プロ) XQ-AQ52」を2021年2月10日に発売する。

   プロフェッショナルの要望に応え、同社のデジタル一眼カメラ「α」などと連携してのリモート撮影や、撮影中および撮影後のデータ転送時の利便性を高めた。スピードが求められる報道現場やスポーツのライブ中継などで、撮影から納品/配信までを効率的に行える。

  • 取材現場から「5G」による高速ストリーミング中継も
    取材現場から「5G」による高速ストリーミング中継も
  • 取材現場から「5G」による高速ストリーミング中継も

世界初・HDMI入力に対応

   「Xperia」シリーズでは初だという第5世代移動通信「5G」のミリ波帯に対応。独自の4方向に配置したアンテナ技術、低誘電率素材の搭載により、360度全方位の5Gミリ波通信の受信感度を高め、高速かつ安定した通信を実現。

   接続中の5Gミリ波の方向や通信のデータ送受信速度を可視化し、安定接続に役立つという独自機能「Network Visualizer(ネットワーク・ビジュアライザー)」を実装する。

   HDMI入力に世界初対応したといい、「α」などの外部モニターとして、また撮影中のデータを即時にストリーミング配信が可能。USBテザリング機能に対応したカメラと接続すれば、カメラで撮影した静止画や動画をFTPサーバーに転送できる。

   縦横比21:9で4K HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)にも対応する約6.5型(3840×1644ドット)有機ELディスプレーを搭載。デュアルSIM(DSDS/DSDV)に対応。「Xperia 1 II」搭載の高速撮影カメラ機能などを搭載し、本機単体でも撮影から納品/配信までの一連の作業を完結可能だ。

   IPX5/8防水、IP6X防塵性能を備える。熱を拡散する独自構造を採用し、通信環境を最適に保てる。メモリーは12GB、内蔵ストレージは512GB。microSD/SDHC/SDXC(最大1TB)対応。

   いずれも約1220万画素の標準/超広角/望遠カメラ、3D iToFセンサーを背面に装備。前面カメラは約800万画素。IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax準拠の無線LAN、Bluetooth 5.1をサポートする。

   4000mAhバッテリーを内蔵。独自の充電最適化技術と「いたわり充電」により、充電時のバッテリーへの負荷を抑えることで長寿命化を実現した。

   カラーはブラック。

   市場想定価格は22万8000円前後(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!