2021年 2月 28日 (日)

マツダ初の量産電気自動車 コントロールしやすい運転体験

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   マツダは初の量産電気自動車「MAZDA MX-30 EV MODEL(エムエックス サーティ イーブイ モデル)」を2021年1月28日に発売した。

  • マツダ初の量産電気自動車
    マツダ初の量産電気自動車
  • マツダ初の量産電気自動車

マルチソリューション戦略に基づく

   2050年時点のカーボンニュートラル実現に向け、同社の「マルチソリューション戦略」に基づき、LCA評価(製品のライフサイクル全体における環境負荷を評価すること)によるCO2削減と利用者の使い方を両立するという新しい考え方から企画した量産電気自動車。

   ボディには新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」を採用し、剛性の強化と伝達遅れの低減の両立を実現。自らの足で走っているかのような自然な感覚を体感できるという。

   また、優れた操縦安定性を実現する独自の「エレクトリック G-ベクタリング コントロール プラス(e-GVC Plus)」を搭載。EVならではのシームレスな車両挙動を叶えた。

   さらに、「回生協調ブレーキ」「モーターペダル」「サウンド」「ステアリングホイールパドル」など、ハンドルやペダルの操作に違和感なく応答するシステムを搭載することで、コントロールしやすく楽しい運転体験を提供する。

   充電機能として普通(AC)充電と急速(DC)充電の2種類を搭載。急速充電はCHAdeMO(チャデモ)規格を採用し、普通充電は最大入力6.6kWまで対応している。また、スマートフォンアプリ「MyMazda」を利用し家の中などクルマから離れた場所からスマホで充電ステータスをチェック可能だ。

   価格は451万円(税込)~495万円(同)。

   なお、購入方法の選択肢を広げるため残価設定型クレジット「マツダスカイプラン」を利用できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!