2021年 2月 28日 (日)

「二重マスク」効果あっても息苦しい でも着けないと怒る人が出そうな空気

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナウイルスをめぐっては、「マスク警察」や「自粛警察」といったワードがたびたび話題となる。マスク着用や外出自粛の要請に伴い、他人に対して感染対策を過剰に求める人たちを指すものだ。

  • 不織布マスクと布マスク
    不織布マスクと布マスク
  • 不織布マスクと布マスク

真冬でも500メートル歩いて汗ばむ

   米疾病対策センター(CDC)は、医療用マスクと布マスクを2枚重ねて着用することで、新型コロナウイルスの感染リスクが低下するとの実験結果を、2月10日(現地時間)に発表した。日本でもテレビや新聞が報じている。

   CDCは、口元から空気中へ粒子を放出できるダミー人形を使用し、咳による粒子の動きについて実験した。その結果、緩く着用した医療用マスクは42.0%、単体の布マスクは44.3%の粒子を遮断した。一方で、医療用マスクの上に布マスクを重ねた「二重マスク」の遮断率は、92.5%だったという。

   さらに、平時の呼吸で放出される粒子を、どれほど他人が吸い込むかも実験した。粒子を放出するダミー人形と、それを受ける「レシーバー」として別のダミー人形を用意。両方に二重マスクを着けて実験したところ、粒子によるレシーバーへの接触を96.4%遮断したとのこと。

   効果はあるようだ。そこでJ-CASTトレンド記者は、二重マスクを試すため不織布マスクの上に布マスク(本体ポリエステル80%・綿20%)を着け、屋外を約500メートル歩いた。

   短距離ではあるものの、息苦しさを覚えた。酸欠や、意識が薄れるような状態には至らなかったが、心拍数が上がり、じんわりと汗もかいた。真冬の2月でこれだ。夏場だと熱中症にもつながりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!