2021年 9月 24日 (金)

地震で安否確認「LINE」の「既読」活用 スマホやSNSなかった時代は苦労の連続

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

既読ついたら安心する

   そして、今回の福島県沖の地震では、安否確認に無料通話アプリ「LINE」を利用したとの声を、ツイッターで複数確認した。「既読」機能が安心材料になったという声もある。

「LINE便利だなって思った・・・既読ついたら、とりあえず安心する」
「夜地震があった時、家族に即LINEしたけど既読付いたと分かった時は『無事だ、ヨシ』って安心したよね」

   実は、既読機能の開発には重要な意味が込められていた。2016年3月12日付の朝日新聞デジタルは、LINEについて「誕生のきっかけは大震災だった。ラインの運営会社は、電話がつながりにくい中でも『大切な人と連絡を取れるサービスが必要だ』と判断」と報じている。さらに、

「こだわりは、相手がメッセージを読んだか分かる『既読』機能をつけたこと。相手に返信する余裕がなくても、既読と分かれば安心する」

としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!