2021年 2月 26日 (金)

「鬼滅の刃」作者がタイム誌「次世代の100人」に 素顔見せない「謎の作家」たたえる

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   大人気コミック「鬼滅の刃」の作者・吾峠呼世晴さんが、米誌「タイム」が選ぶ「次世代の100人」に選出された。同誌が公式サイトで2021年2月17日(現地時間)に発表した。

    同誌で19年から実施され、各分野の未来を担うスターたちを選出しており今回が第2弾。吾峠さんは、漫画家としては史上初の選出だ。メディアに素顔を見せたことがない吾峠さんを、「謎の作家」と表現している。

  • 画像は「TIME」公式サイトから
    画像は「TIME」公式サイトから
  • 画像は「TIME」公式サイトから

前回は「首相の後継者」を選出

   同誌は、アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が、日本の映画の興行収入ランキングにおいて1位を記録したことに触れ、これを「現実を超えたような成果」と評している。

   テレビアニメ版の「ネットフリックス」(動画サービス)での配信や、今後予定されている劇場版アニメの北米での公開により、「吾峠氏の作品はさらに広まっていく」としている。

   日本からは前回の19年11月にも、「次世代の100人」に選ばれた人物がいる。環境大臣の小泉進次郎氏だ。当時のタイム誌はサイト上で「有権者の多くは誰を安倍晋三首相(当時)の後継者に選出するかをすでに知っている。小泉進次郎氏だ」とコメントしている。

   また気候変動に取り組むにあたり、小泉氏が「セクシー」で「楽しい」ものにしたいとコメントしたことにも言及。その上で、小泉氏や環境省が推進している、2050年までに二酸化炭素排出量ゼロを目指す取り組みについて、「早い段階で成功をおさめている」と評した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!