2021年 2月 28日 (日)

林部智史、「まあだだよ」
「歌」だから伝えられる思い

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

   「歌唱力」というのは、カラオケボックスで出る点数のような代物ではないことは自明の理だ。楽譜通りに歌えばいいとか感情移入して盛り上げればいいというわけでもない。

   先月発売になった林部智史の3枚目のアルバム「まあだだよ」は、本来的な意味での「歌唱力」を問われるアルバムだと思った。

  • 「まあだだよ」(Avex trax、アマゾンサイトより)
    「まあだだよ」(Avex trax、アマゾンサイトより)
  • 「まあだだよ」(Avex trax、アマゾンサイトより)

楽曲提供の小椋佳は新アルバム「もういいかい」

   林部智史は88年生まれ、2016年のデビューシングル「あいたい」は、「今もっとも泣ける歌」としてロングセラーになり年末の音楽賞の新人賞を軒並み受賞した。ポップス系のオリジナルアルバムとは別に日本の唱歌や童謡などを歌い継ぐ「叙情歌」のアルバムもシリーズ化している。

   そうした彼の活動の中でも「まあだだよ」は、未経験のアルバムだったことは容易に想像がつく。アルバムの曲をシンガーソングライターの大御所、小椋佳が書き下ろしている。

   1971年デビュー、「シクラメンのかほり」や「愛燦燦」などのヒット曲も数多い。そうした音楽活動が銀行員としての勤務と並行する「二足のわらじ」だったことでも知られている。今年はデビュー50周年、更に77歳。林部智史の「まあだだよ」と同じ日に彼自身のアルバム「もういいかい」を発売している。そこには「ラストアルバム」と銘打たれている。

   つまり二枚は対のように連動しているアルバムだった。

   シンガーソングライターは自分で詞も曲も書いて自分で歌う人だ。彼らが他の歌い手に曲を提供する時には共通するパターンがある。

   それは「自分では歌えないもの」だ。

   たとえば、自分の音域では歌えないものやイメージに合わない曲。「内容」もそうだ。自分で歌うと過剰になったり意味が強すぎたりするもの。林部智史に提供した曲もそうした例と言っていいだろう。

   林部智史は、筆者が担当しているFM NACK5のインタビュー番組「J-POP TALKIN」でこう言った。

   「普段使わない言葉や歌ったことのない言葉があって、それをどう自分のものにしてゆくかはかなり時間がかかりましたね。カバーの時は、一つのお手本があるんで自分なりの解釈を出しやすいんですが、今回はそれがありませんでしたから、一つの曲を何百回も歌って判断してゆく。セルフプロデュースの難しさを感じました」

   彼が小椋佳を知ったのは、「いい曲だなあと思った曲の作者」としてだ。彼が音楽学校に入ることを決めたのは、そこの卒業生だったEXLIEのATUSHIが歌う「愛燦燦」でもあった。2018年2月にジョイントコンサートで一緒になったことがきっかけで曲の依頼が実現した。最初に送られてきたのが「愛の儚さ」と「命 活かしましょう」の二曲だったという。

   「愛の儚さ」は「愛の儚さ 愛の危うさ 人のこころの移ろい哀れ」と始まっている。「命活かしましょう」は「永い 永いように見えて短い人生」で始まっている。

   愛の儚さ、そして、人生の長さ。それは77歳の小椋佳にとっての実感であり真実、ということになるのだろう。それを自分で歌わずに32歳の林部智史に託す。彼自身の言葉としてではなく「美しき人生の歌」として普遍的なものにする。77歳が32歳にバトンタッチした「人生観のアルバム」だと思った。林部智史の丁寧で繊細な歌唱が、小椋佳の「遺言」のような言葉を「無心の歌」に浄化していた。

タケ×モリ プロフィール
タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーティスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!