2021年 9月 24日 (金)

「鬼滅の刃」アカデミー賞への道 ジブリを超え打倒ディズニー&ピクサーだ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

本命の「2強」作品は

   日本映画の歴代興収記録で、長きにわたり首位にあった「千と千尋の神隠し」を抜き、新たに一位となった「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」。今回の「長編アニメーション部門」の日本作品は他に、スタジオジブリ作品の「アーヤと魔女」、山崎貴監督の「ルパン三世 THE FIRST」、湯浅政明監督の「きみと、波にのれたら」、スタジオコロリド制作「泣きたい私は猫をかぶる」、岩井澤健治監督の「音楽」などがノミネート候補作となっている。

   強敵は国内作品だけではない。同部門では日本映画6作を含む全27作品がしのぎを削る。米映画業界誌「Variety」は、ディズニー&ピクサーの最新作「ソウルフル・ワールド」や、中世からアイルランドで伝えられてきた伝説を描いた「ウルフウォーカー」などがノミネートされると予測。映画ジャーナリスト・斉藤博昭氏の1月29日付記事にも「今年度の長編アニメ映画賞の本命は『ウルフウォーカー』と『ソウルフル・ワールド』で、この2強の争いと言われている」とある。

   ディズニーとピクサーの共同製作映画には、これまでに「ファインディング・ニモ」「アナと雪の女王」「ズートピア」「リメンバー・ミー」「トイ・ストーリー4」をはじめとした、アカデミー賞受賞作がいくつもある。ただ「Variety」ノミネート予測記事の6番目に「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が入っており、決して注目度が低いわけではない。3月15日のノミネート発表が待たれる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!