2021年 5月 7日 (金)

スマホと連携「スマートグリル」 焼き加減やひっくり返すタイミングを通知する

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   バーベキューグリルなどを手がけるWeber-Stephen Products Japan(東京都港区)は、スマートフォンと連携するIoT(モノのインターネット)機能を備えた電気バーベキューグリル「Weber Pulse(ウェーバーパルス) 1000」を、2021年3月2日に全国の家電量販店およびインターネット通販などで発売した。

  • IoTとスマホが調理をサポート、おいしく仕上がる
    IoTとスマホが調理をサポート、おいしく仕上がる
  • IoTとスマホが調理をサポート、おいしく仕上がる

電気式だから火力の調節がしやすい

   「Weber」ブランドの特長だという"蓋"と"高温調理"により、毎回完璧な仕上がりになるという。蓋内側に反射板を備え、熱が常に均等に行き渡るよう設計されているほか、最高316度までの高温調理が可能。独自の「デジタル温度調節機能」を搭載し、蓋を開けなくても庫内温度を確認できるLEDディスプレーを装備する。

   同社によれば日本初だというIoT機能を実装。スマートフォンアプリ「Weber Connect」と連携し、レシピの準備から仕上がりまでの全工程をサポート。焼き加減や食材をひっくり返すタイミングをスマートフォンに通知する機能を備える。

   電気式のため火力の調節がしやすく、直火ではないため「火気使用禁止」の場所でも使用可能だという。片付けのしやすい構造を採用する。

   消費電力は1300ワット。

   価格は5万9990円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!