2021年 12月 7日 (火)

小倉智昭にドコモから1本の電話 「料金を安くできる」これは詐欺なのか

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   NTTドコモの「ahamo(アハモ)」をはじめとして、通信大手3社は新たな携帯電話の料金プランを3月中旬以降に提供する。こうした新プランについて取り上げた2021年3月2日の情報番組「とくダネ」(フジテレビ系)では、 MCでフリーアナウンサーの小倉智昭さんから携帯電話の案内に関する話が出た。

   小倉さんは「ドコモなんちゃらサービスっていうところから電話がきた」とし、サービスを一部解除することで料金を安くできると案内されたという。これに対し、専門家は「詐欺の電話かも」と指摘していた。通信会社からそのような電話がかかることはあり得るのか。

  • その通信会社からの電話、大丈夫?(写真はイメージ)
    その通信会社からの電話、大丈夫?(写真はイメージ)
  • その通信会社からの電話、大丈夫?(写真はイメージ)

利用者からの相談がある

   通信会社を名乗る電話について、番組の中で専門家は「新しいサービスを契約させたり、個人情報を抜く」ことを目的とした詐欺の電話ではないかと推測した。2人の会話のやりとりが短く、これ以上の情報はないため真偽は定かではない。では、実際にこうした勧誘の電話を通信会社が行うことはあるのか、そしてこれを装った「詐欺電話」は存在するのか、J-CASTトレンドはKDDI、ドコモ、ソフトバンクに取材した。

   KDDI広報部の担当者によると、提供しているサービスに関する案内の電話を利用者に行う場合があるという。一方で、これまでに「KDDIを装った電話に関する利用者からの相談がある」と認識しているとのこと。

   かかってきた電話がKDDIによるものなのか、不審な電話なのか、判別方法は存在するかも質問した。KDDIでは公式サイト上の「KDDI、auを名乗るキャンペーンの電話がかかってきた。本当にKDDIからの電話ですか?」というページで、案内に使用している電話番号を公開している。

   電話がかかってきた場合、このページで確認できる番号であれば「不審な業者からの電話ではない」と判断できるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!