2021年 4月 15日 (木)

「ahamo」「povo」「LINEMO」でキャリアメール消える それはイヤと嘆く人たち

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIが、スマートフォン(スマホ)向けに新料金プランを提供する。ドコモの「ahamo」、ソフトバンクの「LINEMO」、KDDIの「povo」は2021年3月中旬以降にスタートするが、どれも「キャリアメール」が使えなくなる。

   利用者に対して通信会社が提供するメールサービスだが、近年ではこの代わりにメッセージアプリ「LINE」を連絡手段とする人も多い。キャリアメールは姿を消す運命なのか。

  • キャリアメール、使い続けたい?
    キャリアメール、使い続けたい?
  • キャリアメール、使い続けたい?

1日の送信回数「ゼロ」6割強

   マーケティングリサーチを行う「MMD研究所」(東京都港区)の「2020年版 スマートフォン利用者実態調査」によると、調査対象者2578人でキャリアメールを1日に送信する回数が「ゼロ」と回答した人が62.9%で最多だった。全体での平均は2.9回だ。一方、LINEでメッセージを送信する回数は、「1〜10回」が57.8%で最多。平均回数は9.9回だった。

   J-CASTトレンドが20年10月、20代から60代の男女20人にキャリアメールの使用状況を取材した際には、キャリアメールをメインの連絡手段として使っていると回答したのは20人中で60代の女性ひとりだけだった。

   どうやらキャリアメールは、役目を果たし終えつつあるようだ。しかも新料金プランでは提供されない。それでも使い続けたい人はいる。ツイッターには、インターネット上などで利用しているサービスにキャリアメールを登録してしまっているとの声がある。

「povoへの移行で一番のネックはキャリアメールで登録したサイトやサービスのメアド変更」
「携帯メールで会員登録とかしてるサイトを変更手続きするのがめんどくさいな」

こんなツイートが数十件確認できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!