2021年 4月 15日 (木)

GWコミケ「中止」じゃなく「延期」なのに 「21年冬開催」に悲観論も

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2021年5月2日~4日に開催予定だった「コミックマーケット99(以下、コミケ)」が開催延期となった。きょう3月8日、コミックマーケット準備会が公式サイトで発表した。21年冬の開催を目指しているが、会場である「東京ビッグサイト」の利用がどのような形になるのか、現時点では不明だという。

   ツイッターでは、「コミケ延期」と「コミケ中止」の二つが同時にトレンド入り。いったいどちらが正しいのか、戸惑う人が続出した。「中止ではなく延期」と正す声に対し、「実質中止と同じ」と反論する派が出て来ている。

  • 猛暑の中開催も来場者多数だったコミックマーケット96(写真:ZUMA Press/アフロ)
    猛暑の中開催も来場者多数だったコミックマーケット96(写真:ZUMA Press/アフロ)
  • 猛暑の中開催も来場者多数だったコミックマーケット96(写真:ZUMA Press/アフロ)

ゴールデンウイークにやらないなら中止との解釈

「コミケ延期とはコミケ99が欠番にならずに冬コミに移行するわけであってGWコミケは実質中止ってことだね」
「春コミを6~7月等にシフト開催ではなく冬に改めて開催と言う事なので、現実的に言えば春コミは『中止』ですよね」

   実質「中止」と受け止めている人の解釈だ。「コミケをゴールデンウイークに開催できない」から、ゴールデンウイークのコミケは「中止」と表現しているのがわかる。また21年冬の状況が読めないがゆえに、新型コロナウイルス感染拡大によって厳しい決断を迫られるのではと見ている人は「冬開催とか実質中止と同じ」だと、希望が持てない様子をにじませている。

   このように「コミケ中止」という言葉が持つ意味は複雑だが、表面の情報だけさらって、コミックマーケット準備会がイベントの「中止」を判断したかのように誤解する人たちもいる。そのため、「中止と延期とでは意味が異なるので、発言に気をつけて」といさめたり、「一次情報を当たるように」と促したりする投稿が相次ぐ事態になっているのだ。

   一方、中止ではなく「延期」だからこそ、「生きていける」と胸をなで下ろしているファンは少なくない。中止は「もう開催されない」が、延期は時期が延びるだけで「開催される」のが事実であり、この差は大きいと訴えるツイートが散見される。コミケ「99」という番号が欠番にならないのだから、「中止ではない」との意見もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!