2021年 4月 19日 (月)

コロナ禍でキラキラネーム減った? 「鬼滅の刃」に「NiziU」流行に乗る親は健在

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「光宙」(ぴかちゅう)や「皇帝」(かいざー)と、人名ながら読み方が難しい「キラキラネーム」。たびたびインターネット掲示板やツイッターで話題にあがる。2019年には「クローズアップ現代+」(NHK)で、キラキラネームに悩む若者が取り上げられた。

   この1年、新型コロナウイルスにより世の中は大きな影響を受けた。コロナ禍で「キラキラネーム事情」にも、何か変化はあっただろうか。

  • コロナ禍での「キラキラネーム」事情は(画像はイメージ)
    コロナ禍での「キラキラネーム」事情は(画像はイメージ)
  • コロナ禍での「キラキラネーム」事情は(画像はイメージ)

漢字1文字やひらがな表記多数

   明治安田生命が発表した「2020年の名前ランキング」によると、女の子の第1位は「陽葵」(ひな、ひなた、など)で、第2位に「凛」(りん)、3位に「詩」(うた)と続く。4位以降には「紬」(つむぎ)、「澪」(みお)など漢字1文字や、「さくら」、「ひかり」、「あかり」などひらがな表記の名前が多く、比較的わかりやすい。

   男の子の第1位は、「蒼」(あおい、そら、など)だ。2位が「樹」(みき、たつきなど)、同率で「蓮」(れん)がランクインし、こちらも漢字1字のシンプルな名前が目立つ。

   一方、人気作品や芸能人の名前を子どもにつける親は今も少なからずいるようだ。たとえば、20年11月生まれの赤ちゃんの中では、「鬼滅の刃」に登場するキャラクターと同じ読みが270人いた

   さらに、若者を中心に大人気の9人組ガールズグループ「NiziU」のメンバーと同じ読みの赤ちゃんも増えている。「ベビーカレンダー」(東京都渋谷区)が2020年下半期生まれの女の子4万5670人の赤ちゃんの名前を調査した。すると、20年12月には100人もいた。とくにメンバーの「りお」、「あやか」、「まこ」と同じ名前が多いとのこと。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!