2021年 4月 15日 (木)

「3月9日」17年たった今も卒業式で人気 時代を超えて中高生が歌うあの名曲

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   3月は卒業の季節だ。思い出の「卒業ソング」といえば、どんな曲が思い浮かぶだろう。

   調べてみると、令和になっても昭和や平成の初めにリリースされた曲に人気が集まっているようだ。

  • イマドキの「卒業ソング」って?(画像はイメージ)
    イマドキの「卒業ソング」って?(画像はイメージ)
  • イマドキの「卒業ソング」って?(画像はイメージ)

コロナで卒業式に歌唱なし

   J-CASTトレンドが、現在中学3年生で間もなく卒業を迎える男女2人に「卒業ソング」について聞いた。すると今年の卒業式では、新型コロナウイルスの感染対策として何も歌わないと答えた。

   男子生徒の場合、式自体も在校生は入場不可、保護者は1人のみで2階席から見守る様式だという。

   では、もし歌えるとしたら何が歌いたかったか。男子生徒はいきものがかりの「YELL」(2009年)を挙げた。「中1のときの卒業式で先輩が歌っていて感動したから」。女子生徒は、レミオロメンの「3月9日」だ。

「卒業式の定番で、好きな曲だから。歌いたかったので残念です」

   3月9日は2004年にリリースされた曲で、発売からすでに17年が経つ。今の中3生徒が生まれる前に世に出た曲が、今でも人気なのだ。

   なお3年前の小学校の卒業式では、それぞれ杉本竜一さんの「BELIEVE」(98年)、「仰げば尊し」を歌唱したという。

   記者は中学校の卒業式で、Kiroroの「Best Friend」を歌った記憶がある。2001年リリースなので、当時でも10年以上前の曲ということになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!