2022年 12月 10日 (土)

「台湾パイナップル」こんなに甘~い 柔らかまろやか、パフェ作ってみた

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

豚肉やしょうがと食べてみると

   「パイナップルポークジンジャー」も試してみた。酢豚とパインのような組み合わせだ。パインの酵素の作用で、肉が柔らかくなるという。香り付けにはしょうがを用いるが、果たして台湾パインと合うのか。材料は以下の通り。

・台湾パイン:150グラム
・タマネギ:1/4個
・おろししょうが:10グラム
・しょうゆ:大さじ3
・みりん:大さじ1
・水:大さじ1
・塩:小さじ1/4
・サラダ油:小さじ1
・豚肩ロース:350グラム
・乾燥パセリ

   パインは1センチほどの角切りとし、タマネギは繊維に対して直角に包丁を立てて薄切り。パイン〜サラダ油までの材料を全て混ぜ合わせ、豚肩ロースを1時間漬けこむ。その後豚肉を取り出し、強火で焼き色をつけたあと、水を大さじ2程度加えて20分蒸し焼きにした。

   残ったタレはパインとタマネギごと鍋で火にかける。沸騰した後、弱火で5分加熱。最後に豚肉を薄切りにカット。パインとタマネギも盛り付け、タレとパセリをかけて完成だ。

台湾パインとポークジンジャー
台湾パインとポークジンジャー

   まずは豚肉を一口。しっとりと柔らかく、まろやかな味わいだ。しょうがのさっぱりとした香りがするが、パイン由来なのか、ほのかな甘みもある。

   一方の台湾パインは、単体では持ち前の甘さが強すぎて、タレとの味付けがややアンバランスな印象だ。塩気の中で浮いてしまっている。一般的な酢豚のように、もう少し強い酸味が欲しくなった。好みとしては人を選ぶかもしれない。ただ、豚肉と共に口に運ぶと、脂の旨味が甘さを中和してくれた。組み合わせとしてはアリだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!