2021年 9月 19日 (日)

リアルとバーチャル融合した「新空間」広がる パナソニック主催の学生コンペプレイベント

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   パナソニック(本社:東京)は2021年3月9日、国際学生コンペティション「SPORTS CHANGE MAKERS(スポーツ チェンジ メーカーズ)」のプレイベントをパナソニックセンター東京で開催した。

   注目すべきは、今回パナソニックが披露したイベントの開催形態、「Mirror Field (ミラーフィールド)」だ。この「Mirror Field」によって、インターネット上のバーチャル空間に「アバター」として参加している人々の姿が、リアル会場にも映り込むという、「現実世界と仮想世界が融合する不思議な空間」が実現した。他にもプレイベントでは、東京2020組織委員会スポーツディレクターの小谷実可子氏らゲストがパネルディスカッションを行った。

  • 「Mirror Field」によって、会場前方のモニターにはリアル参加者とバーチャル参加者のアバターが同時に表示されていた
    「Mirror Field」によって、会場前方のモニターにはリアル参加者とバーチャル参加者のアバターが同時に表示されていた
  • (左から)東京2020組織委員会スポーツディレクターの小谷実可子氏、同コンペ日本代表の横瀬健斗さん、東京2020組織委員会アドバイザーの澤邊芳明氏、パナソニック社員の川合悠加さん
    (左から)東京2020組織委員会スポーツディレクターの小谷実可子氏、同コンペ日本代表の横瀬健斗さん、東京2020組織委員会アドバイザーの澤邊芳明氏、パナソニック社員の川合悠加さん
  • 「SPORTS CHANGE MAKERS(スポーツ チェンジ メーカーズ) プレイベント in Mirror Field」
    「SPORTS CHANGE MAKERS(スポーツ チェンジ メーカーズ) プレイベント in Mirror Field」
  • 国際学生コンペティション「SPORTS CHANGE MAKERS(スポーツ チェンジ メーカーズ)」日本代表の横瀬健斗さん
    国際学生コンペティション「SPORTS CHANGE MAKERS(スポーツ チェンジ メーカーズ)」日本代表の横瀬健斗さん
  • 東京2020組織委員会スポーツディレクターの小谷実可子氏
    東京2020組織委員会スポーツディレクターの小谷実可子氏
  • イベント後に行われた「Mirror Field」個別体験会
    イベント後に行われた「Mirror Field」個別体験会
  • 専用端末にはオンライン参加者のアバターが映る
    専用端末にはオンライン参加者のアバターが映る
  • 「Mirror Field」によって、会場前方のモニターにはリアル参加者とバーチャル参加者のアバターが同時に表示されていた
  • (左から)東京2020組織委員会スポーツディレクターの小谷実可子氏、同コンペ日本代表の横瀬健斗さん、東京2020組織委員会アドバイザーの澤邊芳明氏、パナソニック社員の川合悠加さん
  • 「SPORTS CHANGE MAKERS(スポーツ チェンジ メーカーズ) プレイベント in Mirror Field」
  • 国際学生コンペティション「SPORTS CHANGE MAKERS(スポーツ チェンジ メーカーズ)」日本代表の横瀬健斗さん
  • 東京2020組織委員会スポーツディレクターの小谷実可子氏
  • イベント後に行われた「Mirror Field」個別体験会
  • 専用端末にはオンライン参加者のアバターが映る

オンライン参加者とも「一体感」得られる

   「SPORTS CHANGE MAKERS」は2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)との協力事業。「GOING BEYOND BARRIERS(ゴーイング・ビヨンド・バリアーズ)」をテーマに、あらゆる「バリア」を超えて五輪・パラリンピックの価値や魅力を生み出す新しいアイデアを募集する取り組みだ。現在、中国、ヨーロッパ、米国、日本の4チームが、今年の8月に予定している最終プレゼンテーションに向けて準備を進めている。

   プレイベントでは、「スポーツ×テクノロジーでバリアを超えることができるのか」を小谷氏、東京2020組織委員会アドバイザーの澤邊芳明氏、同コンペ日本代表の横瀬健斗さん、パナソニック社員の川合悠加さんが議論した。まず、モデレーターを務めるITジャーナリスト・林信行氏に「Mirror Field」の感触を問われた小谷氏は、専用のタブレット端末の中で、自由に会場を歩き回るオンライン参加者のアバターを見て、

「かわいいですよね! 話し始めるとちょこちょこ、とアバターが前に近付いてきて。その人の気持ちが感じられます」

と楽しげにコメント。「人と繋がるうえでは、目の前にいる方が優先だと思っていましたが、リモートの方とでも一体感を得られる」仕組みだと評価した。

   また、小谷氏はコロナ禍でアスリートの練習や、リアル大会開催が難しくなるなか、アーティスティックスイミング界では「バーチャル大会」が開催されたと話した。陸上で演技を行い、それを水中でやっているようにCGで加工するという。スマートフォンやビデオカメラの普及、技術の進化によって、「新しい試み」が生まれたエピソードを通じ、「スポーツ×テクノロジーでバリアを超えることができる」と訴えた。

スポーツ「観るだけでなく、自分でやってみようと促せるもの」を

   「SPORTS CHANGE MAKERS」日本代表の横瀬さんはパネルディスカッションで、コロナ禍でオンライン文化が発展したことで、物理的・時間的要因による「スポーツ観戦に行けない」というバリアは解決したのではないかと話した。そこで着眼したのが、「実際にスポーツをやる」ことへのバリアだ。

   横瀬さんは「子どもたち」をターゲットに、「目で見るだけでなく体験することで、よりスポーツのすばらしさを感じることができる」というバリアを、「スポーツ×テクノロジー」で克服できるアイデアを考えている。具体的な情報は明かせないが、自身がかつてサッカーに取り組んでいた頃の楽しい記憶をもとに、「スポーツを観るだけでなく、自分でやってみようと子どもたちに促せるもの」を作りたいと考えているそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!