2021年 9月 28日 (火)

三陽商会「プレステージライン」 「友二郎」「勇一郎」「源四郎」3モデル

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   三陽商会(東京都新宿区)は、紳士靴ブランド「三陽山長」ブランド創業20周年の集大成「プレステージライン」から「友二郎(トモジロウ)」「勇一郎(ユウイチロウ)」「源四郎(ゲンシロウ)」の3モデルを2021年3月10日に発売した。

  • ブランド創業20周年の集大成!3モデル登場
    ブランド創業20周年の集大成!3モデル登場
  • ブランド創業20周年の集大成!3モデル登場

刻印を施す

   「プレステージライン」は、"ビスポーク(オーダーメイド)シューズに限りなく近い一足に仕立てる"をコンセプトに、革から仕上げまで全て上質なクオリティーにこだわったという。インソックス部分には、ビスポークシューズを象徴するロゴとして「日本謹製 特別誂靴」の刻印を施すことで、通常ラインとの差別化を図っている。

   アッパーは、フランス・アルザス地方で1842年創業の歴史あるタンナー「HAAS(ハース)」のボックスカーフレザーを採用。きめの細やかさ、ハリ、しなやかさが特徴だ。ライニングは、アッパーと同様に「HAAS」製のレザーを使用し、足をやさしく包み込みしっとりと吸い付くような肌触りを実現。ソールは、ドイツで1642年創業の名門タンナー「MARTIN(マルティン)」のオークバークレザーを採用した。

   また、コバ部分(アッパーよりも外側にはみ出た部分)は、日本伝統の仕立てと言われている三角形に削り出した"矢筈仕上げ"を施しており、通常の平コバよりもエッジが効き端正な印象に。カカト部分は、通常ではシーム(継ぎ目)が入るが極上素材をさらに際立たせるため、シームレスヒール(1枚仕立ての仕様)を採用した。さらに、ヒールは底に向かってテーパードしたピッチドヒールに仕上げることでよりエレガンスさを強調している。

   ブランドを代表するストレートチップ(横一直線に切り替えたつま先部分のデザイン)を高いクオリティーで表現した「謹製 友二郎」、継ぎ目のないホールカットシューズ「同 勇一郎」、スーツからデニムまで相性がよい「同 源四郎」の3モデルをラインアップした。

   5店舗、同社オンラインストア「サンヨー・アイストア」で取り扱う。

   サイズは6.5(24.5センチ)~9.0(27センチ)、価格は14万3000円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!