2021年 6月 21日 (月)

ジャニーズJr.公演チケット転売60万円の異常 怒りのファンは通報呼びかけ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ジャニーズJr.が出演する公演「ジャニーズ銀座2021 Tokyo Experience」チケットの転売価格が、ファンの間で問題視されている。

   ジャニーズJr.のグループ「少年忍者」「7 MEN 侍」「Lil かんさい」「IMPACTors」が出演予定だ。転売価格は1枚60万円にのぼるものまである。

  • 転売価格があまりにも高すぎる
    転売価格があまりにも高すぎる
  • 転売価格があまりにも高すぎる

15~20万円が多い

   本公演は、シアタークリエ(東京都千代田区)で2021年5月に開催される。公式サイトによると、チケットの一般販売は4月17日からで、料金は全席指定で税込6200円だ。ただ、会員向けに優先販売を行うファンクラブ「ジャニーズファミリークラブ(ジャニーズFC)」で先行受付があったようで、3月11日にはツイッター上で抽選結果が複数のファンから報告されている。

   イベントのチケットを取引できる二次販売サイト「チケット流通センター」では、すでに公演のチケットが出回っている。日時や対象グループはそれぞれ異なるが、3月12日11時の時点で合計329件の出品だ。価格は1枚あたり15万円から25万円が多いが、40万円以上での出品も27件存在する。最も高価なものは60万円で、4件出品だ。

   ツイッター上のファンからは、さすがに買えない金額だとの反応が出ている。また、「Snow Man」らが4~5月に出演する公演「滝沢歌舞伎ZERO 2021」よりも転売相場が高いのではないかとする指摘も複数存在する。

   単純な比較はできないが、「チケット流通センター」内での「滝沢歌舞伎」の転売は、40万円以上の出品が12日11時現在で9件。最高値は同じく60万円だが、1件のみだ。

「転売状況は、常時監視」

   怒りを覚えた一部のファンからは、転売チケットの無効化を目的として、ジャニーズFCへの通報が呼びかけられている。

   なお、ジャニーズFC公式サイトでは「よくある質問」ページで、

「チケットの転売状況は、常時監視しております。転売されているチケットの当選者が判明した場合には、そのチケットを無効(入場不可)とします」
「チケットを無効としたお席が空席とならぬよう、可能な限り、当初の抽選でチケットをお取りできなかった他の会員様へ、販売いたします」

と説明。同ページによると、違反行為に関する連絡について会員サイトの問い合わせフォームから受け付けているとし、「いただいた情報は弊社で慎重に判断し、適正に対処いたします」と告知している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!