2021年 4月 17日 (土)

黄砂で新型コロナ症状悪化しないか 日本に飛来でPM2.5との「三角関係」心配

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   中国・北京で黄砂が大気を覆った。複数の報道によると、2021年3月15日は過去10年で最悪の状況だったという。気象庁の黄砂情報サイトによると、黄砂は日本でも16日21時までに東北地方などに飛来すると予想されている。

   気になるのが、今後の健康への影響だ。黄砂については人の呼吸器への影響が報告されることがあるが、新型コロナウイルスとの関連性はないのか。

  • 黄砂でコロナのリスクは(写真は記事とは無関係です)
    黄砂でコロナのリスクは(写真は記事とは無関係です)
  • 黄砂でコロナのリスクは(写真は記事とは無関係です)

マウス実験で感染や重症リスクの恐れ

   黄砂による新型コロナウイルス感染症への直接の影響について研究機関などによる報告例は、調べた限り見つからなかった。一方で、黄砂と同様に空気中を漂い、大気汚染物質とされるPM2.5(微小粒子状物質)については、新型コロナの症状への影響が指摘されている。

   米ハーバード大学公衆衛生大学院は2020年5月、新型コロナウイルスとPM2.5に関する研究の結果を発表している。その中では米国内の各地域の大気汚染レベルと、新型コロナウイルスによる死亡者数のデータを比較した。すると、PM2.5に長期的にさらされることで新型コロナウイルスによる死亡率が上昇することがわかったという。

   さらに京都大学の高野裕久教授(環境医学)は、マウスを使った実験を経て、PM2.5によって新型コロナウイルスへの感染や重症化が生じやすくなる恐れがあるとの研究結果を21年2月4日に発表している。

   では黄砂とPM2.5の関連性は何か。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!