2021年 10月 21日 (木)

ソニーオーディオ・テクノロジーの歩み 音楽制作のプロがインタビューで明かす

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ソニーは、これまで世界中のクリエーターの創造力を支えてきたソニーのオーディオ機器・テクノロジーにまつわるストーリーを、ウェブサイト「Sony's Professional Audio」で2021年3月12日から公開している。

  • プロフェッショナルオーディオの歴史を紹介
    プロフェッショナルオーディオの歴史を紹介
  • プロフェッショナルオーディオの歴史を紹介

グラミー賞でも常連のボブ・ラドウィック氏

   ソニーは1958年に発売した国産初のコンデンサーマイク「C37A型」マイクを皮切りに、約60年にわたってアーティストたちの音楽制作に貢献してきた。「Sony's Professional Audio」では、そのプロフェッショナルオーディオの歴史を、著名な音楽業界関係者の豊富なインタビューを交えながら紹介している。

   インタビューには、マスタリングの世界的名匠でレッド・ツェッペリン、クイーン、ブルース・スプリングスティーン、マドンナなど数々のビッグネームの音楽制作に携わり、現在も第一線で活躍するグラミー賞でも常連のボブ・ラドウィック氏、日本からは山下達郎、竹内まりや、稲垣潤一、大滝詠一を手掛けてきたレコーディングエンジニアの巨匠・吉田保氏や、若手エンジニアの代表格として宇多田ヒカル、米津玄師、Official髭男dism、藤井風といったアーティストを手掛ける小森雅仁氏などが登場する。

   また、ソニーが提案する、立体的音場を実現する新たな音楽体験「360 Reality Audio(サンロクマル・リアイティオーディオ)」の対応コンテンツ制作シーンや、ミキシングスタジオなど、クリエーター・アーティスト向けの情報も紹介している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!