2021年 5月 7日 (金)

「Clubhouse」ブーム過熱の果てに 「招待」自慢したけど半月でやめたワケ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   招待制の音声SNS「Clubhouse」が急速に話題を集めたのは、つい2か月ほど前だ。招待を受けたことをアピールするような投稿がSNS上に続出し、フリマアプリでは「招待枠」の高額出品もみられた。

   ブームが一段落したのか、最近はあまり「Clubhouse」の話題がインターネット上を騒がせなくなった。当時、いち早く波にのってClubhouseを始めた人たちに、今の利用状況を聞いた。

  • 配信サービスでの評価は高いアプリだ
    配信サービスでの評価は高いアプリだ
  • 配信サービスでの評価は高いアプリだ

互いに時間の余裕がないと使いづらい

   神奈川県に住む20代男性は、会話を楽しみたいという気持ちと、「新たな知り合いが欲しい」と考えたことが始めたきっかけだと話す。

「緊急事態宣言や自粛で暇だったので、皆で喋って盛り上がるために、ツイッターなどにも投稿して一緒にやろうと周りに呼びかけました。知人の紹介などで、新しくいろんな人とつながることもできた」

   しかし、2月の中旬にはClubhouseを使わなくなった。今では周りでも利用している人はほとんどいないという。「新しく知り合った人ともツイッターでつながるようになり、結局そっちでやり取りするようになった」のが理由だ。

   音声で会話するClubhouseでは、互いに時間の余裕がないと使いづらいと語る男性。新たな人々と知り合えたところで、テキストで手軽にコミュニケーションがとれる他のSNSへ移行してしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!