2021年 9月 27日 (月)

毒クラゲ「カツオノカンムリ」大量打ち上げ 刺されたらどんな危険が

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

刺された部分を海水で流してからお湯に浸ける

   よく似たクラゲに「カツオノエボシ」がある。両方とも美しい見た目で似た名前だが、「カツオノエボシ」と「カツオノカンムリ」は別物だ。カツオノエボシは猛毒をもつ危険な海洋生物で、最悪の場合は命にかかわる。J-CASTトレンドでは2020年7月に記事でその危険性を取り上げた

   一方で、カツオノカンムリは刺されると痛み、赤くなり腫れることもあるが、カツオノエボシほどの危険性はない。ただ、「不用意に触ったり、踏んだりしないように注意してほしい」と担当者は促す。

   刺された際の応急処置は、「まず海水で刺された部分を流します。その後、40度から45度くらいのお湯に浸けてください」。

   この時、砂でこすりつける、冷たい真水で洗い流す、いずれも禁物だ。また一般的なクラゲに刺された場合、お酢をかける人もいるようが、これも避けよう。

「カツオノカンムリの場合は『刺胞』という毒の部分を刺激して、かえってさらに毒を出してしまうことがあります。お湯をかけてもらうのが一番良いかと思います」。

   これはあくまで応急処置だ。その後、医療機関で診てもらう必要がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!