2021年 9月 19日 (日)

このトマト、腐って...ない! 農家おすすめ、甘くておいしい「尻腐れ果」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「もしかして腐っている...?」。一見、そう感じるトマトがある。「尻腐れ果(しりぐされか)」という規格外品だ。

   新潟県でトマトとトマトジュース専門の直売所を営んでいる農家「曽我ファーム」公式ツイッターが2021年3月20日、画像を投じると話題が広がった。投稿によると見た目は「エグい」が、黒い部分を切り落とせば問題なく食べられるうえ、「実は一番甘かったりする」という。

  • トマトの「尻腐れ果」(曽我ファーム提供)
    トマトの「尻腐れ果」(曽我ファーム提供)
  • トマトの「尻腐れ果」(曽我ファーム提供)

並んでまで買おうとする人も

   「尻腐れ果」は、どういう経緯で生まれるのか。曽我ファーム代表の曽我新一氏に取材すると、「『腐』という言葉がついていますが、腐っているわけじゃないんですよ」と前置きし、こう教えてくれた。

「トマトをより甘く作るために、与える水の量を制限することでトマトにストレスをかけます。すると、トマトがカルシウムを吸収できなくなり、『カルシウム欠乏症』になります。それによって生じるのが、『尻腐れ果』です」

   「尻腐れ果」ができると、他のトマトを大きくするために切り落としてしまう農家もあるというが、曽我ファームでは直売所でそのまま販売したり、ジュースやケチャップにして売ったりしている。尻腐れ果がおいしいことを知っている客の中には、並んでまで買おうとする人もいるそうだ。ただ、知らない人からは時折、「『食べられるのか』と質問が来ることもあります」と曽我氏。

「4、5月は尻腐れ果が出やすい時期です。スーパーではなかなか見かけないと思いますが、直売所などで見つけたらぜひ買ってみてください。包丁で黒い部分を落として、ミキサーにかけてフレッシュジュースとして飲んだり、カプレーゼにして食べたりするのがおすすめです。甘いので、そのままでもいけますよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!