2021年 9月 24日 (金)

「100年前の報告書」新型コロナ対策につながる知見 スペイン風邪パンデミックの記録

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「マスクをかけぬ命知らず」

   原著には100年前にもかかわらず、現代に通じる警告が記されていたことが、コロナ禍で大いに注目された。たとえばマスクや咳については、詳細な実験結果をもとに、以下のように記していた。

・粗製並製の「ガーゼ」のマスクは防御効果なし。
・談話の際に菌は四尺先まで飛んでいる。患者周囲の危険界は四尺。 ・咳嗽(咳、くしゃみ)では十尺先まで飛ぶ。咳嗽患者周囲の危険界は最短十尺。
・マスクを使用することで、他の伝染経路(手の汚れ、不衛生な食物)をなおざりにする傾向がある。
・内輪の集まり(会社の事務室、友人間の社交的な会合等)ではマスクを取り外す者が多い。

   今回の現代語版に収録された、当時の「国民啓発ポスター」でも同様の警告が並んでいる。

・恐るべし「ハヤリカゼ」の「バイキン」!/マスクをかけぬ命知らず!
・「テバナシ」に「セキ」をされては堪(たま)らない/「ハヤリカゼ」はこんな事からうつる!

   現代語版は640ページ。本体3500円+税。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!