2021年 9月 17日 (金)

「恋人親子」復活 山田詠美さんはその不気味さに日本の退行を思う

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

父親の精神性

   ジンジャーは幻冬舎の女性ファッション誌で、読者層は20代後半から30代とされる。山田さんの随筆はアラサー女性たちに呼びかけるスタイルで、毎回ラフに書き進む。

   彼女が「気持ち悪い」「不気味」と感じたのは、娘が年頃になっても「俺の恋人」と公言する父親の精神性である。これが高じると、「俺の目に適う男を連れて来いよ。その場で判定してやるから」みたいな、娘のプライベート領域に土足で踏み込んでくる父親像となる。昭和期のホームドラマでは、それがひとつのスタンダードだった。

   他方、広告の制作者は「恋人、娘」の設定が商品の訴求力を高めると考えた。クレカの広告は昭和末期から平成初期だが、筆者が問題とするのは、ほぼ同じコンセプトが令和の今に復活したことだ。いつまでも「娘ばなれ」しない父親ではたまらんぞ...と。

   父親と娘、母親と息子。その関係性は家族によるだろうが、クルマやクレカの広告のような付き合いを理想とするのは、娘に恵まれなかった私もどうかと思う。男女とも、ひとりで風呂に入るような年齢になったら、親としては子離れの準備が必要だろう。

   いい年をした娘との入浴を自慢するような親父もいるから、人それぞれではあるが。

冨永 格

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!