2022年 12月 7日 (水)

東京五輪「聖火リレー」で火が消えた ソチ五輪ではライターで再点火って...

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

採火式でサンドウィッチマン大活躍

   今回の東京五輪、昨年の採火式でもハプニングが起きた。20年3月に宮城県石巻市で行われた際、強風のため点火作業が難航したのだ。この時には聖火リレーの公式アンバサダー(広報大使)でもあるお笑いコンビ「サンドウィッチマン」が2人でトークやコントを披露し、火がつくまで場をつないだ。

   五輪公式サイトは以前、聖火リレー終了後のトラブルについて伝えていた。1976年のモントリオール五輪で聖火台に火が灯された後、暴風雨によって消えてしまったというのだ。この時にも職員がライターで火をつけたが、その後オリンピアで採火した聖火に置き換えられた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!