2021年 9月 27日 (月)

「福島の未来」考えるシンポジウム 小泉環境相、丸山桂里奈ら「被災地の電気買って支援を」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

福島の未来や希望に関するアイデア募集「チャレンジ・アワード」

   「ふくしま未来トークセッション」は、チャレンジ・アワード最優秀賞である「環境大臣賞」を受賞した林佳瑞さん(中学二年生/作品名「里山モデル福島への道」)、守谷和貴さん(高校一年生/作品名「蝶の研究から学んだ『自然と共生する福島』の実現方法」)」が受賞作品のテーマに沿って、これから起こしていきたいアクションや呼びかけたい提案について発表した。

   チャレンジ・アワードでは、原子力災害を経験した福島のこれまでの10年を振り返り、これからの福島を「こう変えたい」、これからの福島が「こうなって欲しい」という未来や希望に関するアイデアや想いを、中学生、高校生、大学生から募集していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!