2021年 12月 2日 (木)

ライラックの咲き乱れる早春の風景とラフマニノフの愛着 「リラの花」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   日本は桜の季節です。ここのところ気温の上昇のせいか、「今までで一番早い開花です」という言葉とともに各地の開花宣言を聞くことも多く、昔は「4月の入学式の桜」だったものが、首都圏などでは「3月の卒業式の桜」になって久しい気がします。コロナの影響で「9月始まりの新学期」が少し話題にのぼったこともありましたが、結局4月から動かなかったのは、一つには桜の季節・・という理由もあるのではないか、と思ってしまうほど、春の日本の桜は見事です。

  • 北海道の札幌で5月に出会ったリラ(ライラック)の花。同じ季節にラフマニノフも露の田舎でこういった光景を見てこの曲を書いたのだろうか
    北海道の札幌で5月に出会ったリラ(ライラック)の花。同じ季節にラフマニノフも露の田舎でこういった光景を見てこの曲を書いたのだろうか
  • 北海道の札幌で5月に出会ったリラ(ライラック)の花。同じ季節にラフマニノフも露の田舎でこういった光景を見てこの曲を書いたのだろうか

英語はライラック、仏語はリラ

   日本のソメイヨシノが咲き乱れる春の風景は、誰にとっても感動的です。しかし、欧州では日本ほど桜が群生するところはありませんので、別の花を題材にした曲を取り上げましょう。

   ロシアの作曲家、セルゲイ・ラフマニノフの「リラの花」です。

   数年前、5月の北海道・札幌に仕事で訪れたとき・・・その日は、いきなり北海道で30度を記録するという暑い日だったのですが、中島公園で咲き乱れるライラックを目にして、感動しました。明るい紫色がメインですが、微妙なグラデーションや様々な色を楽しむことができましたし、明るい陽光の中、垂れ下がっている花の風景も幻想的でした。

   「ライラック」は、英語での呼称で、和名ではムラサキハシドイ(紫丁香花)、そして仏語では「リラ」と呼ばれます。革命前の宮廷では仏語が使われていたりして仏と縁の深いラフマニノフの母国、露では「リラ」という呼び方のほうが自然なのでしょう。

   彼は、夏の休暇シーズンになると、先祖の地であるモスクワの南東500キロほどのタンボフ州イヴァノフスカという小さな村に移動し、滞在することが恒例となっていました。自然の環境に恵まれた地で、彼は充実した時間を過ごして、たくさんの・・・全作品の8割以上ともいわれています・・・作品をここで作曲したのです。現地の「リラの花」は、北海道と同じく、5月に咲き誇るそうですが、ラフマニノフも、その光景をきっといつも見ていたに違いありません。

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミエ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!