2021年 4月 23日 (金)

ahamoで激減「プリインストールアプリ」 「不要でも削除できず困ってた」歓迎の声

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   通信会社が販売するスマートフォン(スマホ)に、キャリアが用意したアプリケーションが入っている場合がある。こうしたものは「プリインストールアプリ」と呼ばれる。

   NTTドコモの新料金プラン「ahamo」では、契約時に3機種のスマホが買える。このうち「Xperia 1 II SO-51A」と「Galaxy S20 5G SC-51A」にプリインストールされているアプリの数が、ahamo以外のプランで買った場合よりも少ないという。

  • いらないアプリが減って快適?
    いらないアプリが減って快適?
  • いらないアプリが減って快適?

24のプリインストールアプリが消えた

   「ahamo」公式サイトによると、上記2機種にはドコモの各種料金プランの場合それぞれ29種類のプリインストールアプリが搭載されている。一方「ahamo」版は、このうち5種類だ。「ドコモ電話帳」「ドコモメール」「スケジュール」「メモ」「iD」など24種のアプリが、対象2機種からは姿を消している。

   なお「ahamo」でこうしたアプリを、自分でインストールして利用できるかはケースバイケース。例えば「ドコモ電話帳」は「ahamo」では使えないが、「iD」はiD公式サイトから入手し利用可能だ。

   プリインストールアプリ激減に、これまでのドコモの各種プランから「ahamo」に乗り換えたツイッターユーザー「るーと@庶民パパ×ブログ」さんは「うれしい」と話す。

   プリインストールアプリは削除できないものもある。「使用していないにもかかわらずアプリ更新通知がくるなど、正直不要」との認識だと話す。ドコモのアプリは基本的に「My docomo」「dポイント」「d払い」しか使用していないという。なお「ahamo」公式サイトによると、これら3アプリは「ahamo」でも利用できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!