2021年 10月 21日 (木)

「ピアノ協奏曲 第12番 Kv.414」 ウィーンで期待に胸を膨らましていた天才モーツァルトの仕事

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   日本の春は桜の季節、そして4月は新年度の季節です。新しい学年・学校・会社など、自分の接する社会が大きく変わる機会でもあります。

   今日は、天才モーツァルトが、期待に胸膨らませながら書いた、新鮮な息吹を感じることのできる曲を取り上げましょう。「ピアノ協奏曲 第12番 イ長調 Kv.414」です。

  • 協奏曲の第1楽章の楽譜。管楽器はオーボエ2本とホルン2本が指定されているが、それらを省いてもバランスが悪くならないように冒頭からピアノが左手だけ書き込まれている
    協奏曲の第1楽章の楽譜。管楽器はオーボエ2本とホルン2本が指定されているが、それらを省いてもバランスが悪くならないように冒頭からピアノが左手だけ書き込まれている
  • 第2楽章頭は、同年に亡くなった大バッハの息子、J.C.バッハのオペラを織り込んでオマージュとしている。ここにも「ファゴットは自由に」の書き込みがあり、管弦楽の編成に自由度をもたせた配慮がうかがえる
    第2楽章頭は、同年に亡くなった大バッハの息子、J.C.バッハのオペラを織り込んでオマージュとしている。ここにも「ファゴットは自由に」の書き込みがあり、管弦楽の編成に自由度をもたせた配慮がうかがえる
  • 協奏曲の第1楽章の楽譜。管楽器はオーボエ2本とホルン2本が指定されているが、それらを省いてもバランスが悪くならないように冒頭からピアノが左手だけ書き込まれている
  • 第2楽章頭は、同年に亡くなった大バッハの息子、J.C.バッハのオペラを織り込んでオマージュとしている。ここにも「ファゴットは自由に」の書き込みがあり、管弦楽の編成に自由度をもたせた配慮がうかがえる

父の束縛から離れる

   彼がこの曲を書いたのは1782年、26歳のときで、完成した季節は残念ながら秋ですが、彼にとっては、やる気がモリモリ湧いてくる状況でした。すなわち、前年の1781年、生まれ故郷のザルツブルグの雇い主だった大司教と決別し、翌年、父親の反対を押し切る形でコンスタンツェと結婚しました。それは、よくも悪くも幼少時代から面倒を見てくれた父の束縛から逃れる、ということでしたし、実際にザルツブルグの職を離れられない父を同地に残して、音楽の都、帝都ウィーンにモーツァルトは新居を構えたのでした。

   とはいえ、父と仲違いしたわけでなく、ザルツブルクの彼へ書いた手紙から、この曲の周辺を探ることができます。ピアノ協奏曲は同時に3曲企画され、この第12番が最初にできあがったらしいこと、そして3曲とも公開での演奏会を前提としていた・・つまりウィーンの聴衆に自分の実力を問う気持ちだったこと・・・、そのために、「難しすぎるものとやさしすぎるものの中間にある」と手紙には書いてあるのですが、アマチュアにも、音楽に精通した人たちにも気に入ってもらえるようなスタイルで作曲した、ということもうかがいしれます。さらには、音楽の父バッハの息子で、ロンドンで世話になったヨハン・クリスティアン・バッハが元日に亡くなったという悲しい知らせが入っていたので、彼のオペラ「誠意の災い」序曲を第2楽章の冒頭にオマージュとして転用している、という機知に富んだこともやっています。

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミエ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!