2021年 8月 1日 (日)

「二刀流」大谷翔平を襲った魔の5回 辛い判定、守備のミス連続、そして負傷

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   米大リーグ、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が「リアル二刀流」ぶりを発揮した。2021年4月5日(日本時間)のシカゴ・ホワイトソックスとの試合に2番・投手として出場したのだ。

   打っては先制ホームラン、投げては4回まで無失点の活躍。しかし勝ち投手の権利がかかる5回のマウンドで、不運の連続に見舞われた。

  • 2番投手で出場した大谷選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    2番投手で出場した大谷選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • 2番投手で出場した大谷選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

さっきまでストライクに取っていたのに

   3対0のリードで迎えた5回表、ホワイトソックスの先頭打者はビリー・ハミルトン選手。大谷投手の3球目、外角へのスライダーはボールとなったが、3回に同じように外角スレスレの球をアダム・イートン選手に投じた際にはストライクとコールされており、球審の判定が厳しくなったようにも感じさせる場面だった。

   NHK BS1で解説中の武田一浩氏も「さっきまでは(ストライクに)取ってくれましたよね」と指摘。それでもこの打者を打ち取り1アウトとなった。次のニック・マドリガル選手は3球目を転がして中前打。続くレウリー・ガルシア選手は二ゴロとしたが、二塁アウトも一塁は間に合わず走者を残した。

   ここで併殺が取れていれば――日本のファンが後々そう思ってしまう展開となっていく。

   イートン選手を打席に迎えた場面、大谷投手による一塁へのけん制が逸れて悪送球となり、ガルシア選手は三塁まで進んだ。

   ここから制球が乱れ、連続四球により二死満塁。中でも5人目のホセ・アブレイユ選手に投じた4球目は低めの際どいコースが、またもボールに。ここでも武田氏は「さっきあの高さでストライク取ってるんですよ」と、判定の揺らぎを指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!