2021年 5月 7日 (金)

記憶喪失の主人公を救うのは...健康保険証!? ショートムービー「愛のけんぽ」公開

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   健康保険組合連合会(健保連)は2021年4月8日、ショートムービー「愛のけんぽ」全7話を公開した。特設サイトに加えて、公式のYouTube・ツイッターアカウントでも配信される。

  • 「愛のけんぽ」メインビジュアル
    「愛のけんぽ」メインビジュアル
  • 「愛のけんぽ」メインビジュアル

「健康保険の大切さ」を伝える

   「愛のけんぽ」は、事故で記憶を失った「ヒロキ」が主人公だ。健康保険証を見せられても「なんだこれは」と、その意味を理解できなかったヒロキ。しかし愛する人々の手助けで、記憶を取り戻すとともに、健康保険制度の大切さにも気付いていく。果たして、彼らの運命は――。

   健保連は、全国1389(20年4月1日現在)の健康保険組合で構成され、被保険者とその家族をあわせて、国民の約4分の1(約3000万人)が加入している連合組織。その事業の一環として、ショートムービーは「健康保険の大切さ」に気づいてもらえるよう制作された。

   健康保険制度は、高齢化による医療費増で、財政状況が厳しくなる一方だという。いわゆる「団塊の世代」が、75歳以上の後期高齢者に差し掛かり、さらなる医療費増が予想される「2022年危機」を前に、広く関心をもってもらうのがねらいだ。

   特設サイトでは、各話のあらすじに加えて、登場人物による「愛の台詞(せりふ)」を紹介。物語のカギを握る「高額療養費制度」や「2022年危機」などの用語解説や、キャラクターの相関図も用意されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!