2021年 5月 9日 (日)

ソニーのワイヤレススピーカー2モデル 高音質の音楽で「全方位」満たす

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   ソニーは、ワイヤレススピーカー「SRS-RA5000」など2モデルを2021年4月16日に発売する。いずれも、同社が提案する新たな音楽体験「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」認定モデルだという。

  • 部屋を臨場感のあるサウンドで満たせる新たな音楽体験
    部屋を臨場感のあるサウンドで満たせる新たな音楽体験
  • 部屋を臨場感のあるサウンドで満たせる新たな音楽体験

コンパクトモデルも用意

   スピーカー1台で部屋を高音質の音楽で満たせる新開発の「全方位スピーカーシステム」を搭載。音楽ストリーミング配信サイトなどで提供される「360 Reality Audio」対応コンテンツを臨場感豊かな立体的な音場で楽しめる。

   臨場感のあるサウンドを楽しめる「Immersive AE(Audio Enhancement)」を搭載。独自のアルゴリズムにより、2チャンネル・ステレオ楽曲を臨場感と広がりのある音場で体感できるという。

   周囲の環境を測定して音のバランスを最適化する「キャリブレーション」機能を実装。部屋の環境に合った音楽再生が可能。圧縮された音源の高音域を補完して再生する高音質化技術(DSEE HX/DSEE)を搭載する。


   CDを超える高解像度「ハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源」対応モデル「SRS-RA5000」は、7つのスピーカーユニットで構成。

   上部に3つ配置した上向きスピーカーが上方向へ、中央に配した3つのミッドスピーカーが水平方向へそれぞれ音を拡散。両方向からの音の重なりにより、音に包まれるような体験を楽しめるという。また下部にはサブウーファーを装備し、高音質の重低音を実現した。

   市場想定価格は6万6000円前後(税込)。

   コンパクトモデル「SRS-RA3000」は、スピーカー上部に搭載した「オムニディフューザー」と「ビームトゥイーター」により部屋中に音を拡散。加えて低域を増強する「パッシブラジエーター」(電磁気回路のないスピーカー)を側面に2つ備え、クリアな高音質と豊かな低音再生が可能だ。

   市場想定価格は3万6000円前後(同)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!