2021年 5月 6日 (木)

関電工、元ラグビー日本代表キャプテン廣瀬俊朗とプロジェクト 第一弾は絵本制作

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   関電工は、元ラグビー日本代表キャプテンの廣瀬俊朗氏とともに、「関電工×廣瀬俊朗 つながり応援プロジェクト」を立ち上げた。廣瀬氏は「コーポレート・コミュニケーション・キャプテン」(CCC)として、同プロジェクトに参加する。

   2021年4月12日にはオンライン上で記者発表会が開かれ、関電工取締役社長・仲摩俊男氏と廣瀬氏が出席。プロジェクトの概要が明かされた。

  • 元ラグビー日本代表キャプテンの廣瀬俊朗氏
    元ラグビー日本代表キャプテンの廣瀬俊朗氏
  • 関電工取締役社長・仲摩俊男氏
    関電工取締役社長・仲摩俊男氏
  • 会見では両者に笑みがこぼれる場面も
    会見では両者に笑みがこぼれる場面も
  • 廣瀬氏と「スクラム」を組んでプロジェクトを展開していく
    廣瀬氏と「スクラム」を組んでプロジェクトを展開していく
  • 元ラグビー日本代表キャプテンの廣瀬俊朗氏
  • 関電工取締役社長・仲摩俊男氏
  • 会見では両者に笑みがこぼれる場面も
  • 廣瀬氏と「スクラム」を組んでプロジェクトを展開していく

「つながることで新しいものが生まれるのではないか」

   関電工はこれまでにも、障がい者スポーツの未来を応援していくために「日本障がい者スポーツ協会」や、「全国高等学校ラグビーフットボール大会」への協賛活動など、人が自然やスポーツとつながるための社会貢献活動を行ってきた。「関電工×廣瀬俊朗 つながり応援プロジェクト」では、「個性をつないで、未来をひらく。」をキーメッセージに、そのような社会貢献活動をさらに推進していく。

   仲摩氏は「誰もがフェアにスポーツを楽しめるよう、日々活動している廣瀬さんに共感した」と、廣瀬氏にオファーした理由を明かした。廣瀬氏は自ら会社を設立し、ラグビーの普及活動などにも取り組んでいる。

   廣瀬氏は今回任命されたCCCという肩書について「また違ったキャプテンに就任できて嬉しい」とにこやかに話した。大企業とアスリートのコラボは新鮮だとし、「つながることで新しいものが生まれるのではないかと、今から楽しみです」と意気込んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!