2021年 11月 28日 (日)

「バイオハザード ヴィレッジ」PS5いらない PS4やXboxでも遊べる体験版

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   バイオハザードシリーズの最新作「バイオハザード ヴィレッジ」の新たな体験版が配信された。2021年4月16日に発表された。

   1月22日にもゲーム機「プレイステーション5」(PS5)向けに、体験版「MAIDEN」を配信しているが、今回は大きな違いがある。PS5だけでなく、「PS4」を含むほかのゲームハード(ゲーム機)向けにも提供されるのだ。

  • 「バイオハザード ヴィレッジ」体験版(画像は同作公式サイトから)
    「バイオハザード ヴィレッジ」体験版(画像は同作公式サイトから)
  • 「バイオハザード ヴィレッジ」体験版(画像は同作公式サイトから)

「PS5」限定と比べて10倍以上のゲーム人口に

   「MAIDEN」は主人公が城から脱出する内容の体験版。だが配信当時からPS5が品薄で、インターネット掲示板やツイッターでは「どうしてPS4ではできないのか」と悲しむ反応が続出していた。

   今回の体験版「BIOHAZARD VILLAGE Gameplay Demo」(以下・Demo)は、「MAIDEN」とは別物だ。PS5・PS4のほか、ゲーム機「Xbox Series X」「Xbox One」と「Steam (パソコン向けのゲームサービス)」にも配信され、それぞれでプレーできる。

   「Demo」の体験版をプレー可能な人は「MAIDEN」よりも大幅に増える。4月8日のファミ通.comによると、PS5の累計販売台数は同日時点で約60万台。一方で、PS4は約777万台、「Xbox Series X」は約3万台だ。パソコンユーザーを抜いても、PS5ユーザー限定の場合と比べて、プレーできるハードを所持している人口は10倍以上の可能性がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!