2024年 3月 5日 (火)

「ロダンのココロ」内田かずひろさん 一時はホームレス生活、友人らが救いの手

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

最低賃金を下回る

   朝日新聞も4月14日、そんな内田さんの近況を伝えている。

   救いの手を差し伸べてくれたのは、行政ではなく、友人や、生活困窮者を支援する一般社団法人「つくろい東京ファンド」(稲葉剛・代表理事)だった。なんとか都内にある同ファンドの個室のシェルターに入ることができたという。

   内田さんは、生活保護は申請せず漫画家として再起を図ることを目指している。4月30日まで、内田さん、枡野さん、イラストレーター・目黒雅也さんの合作を展示・販売する「一人一人一人展」が東京都杉並区西荻南3丁目の「BREWBOOKS」で開かれている。内田さんの絵本「みんなわんわん」(好学社)も5月末に復刊予定だという。

   漫画評論家、紙屋高雪さんの『マンガの「超」リアリズム』(花伝社)によると、漫画大国日本に漫画家はざっと1万人。そのうち「メシが食えている」のは1000人程度だそうだ。多くが「ワーキング・プア」で、時間給でいえば最低賃金を下回ると指摘されている。内田さんの窮状は、多くの漫画家にとって他人ごとではない、身につまされる話といえそうだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!